« たらっぽ あります | トップページ | チューリップ品種~追加編 »

手書き看板

活字が理性に訴えるなら、手書きの文字は感性に響いてくるのだろうか。

今日見つけた看板たち。

Img_0014

Img_0462

R0014056

Rimg0388

« たらっぽ あります | トップページ | チューリップ品種~追加編 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

お~、大好きなジャンルです。つかさ商店が色も含めて好きです。この烏賊の遠慮っぽいこと。たばこのロゴ自体は専売公社時代のものだと思いますが、それを個人のたばこ店が上から塗り直しを重ねているうちに、どくとくの「風味」が出た感じですよね。あったかい看板。

うちの看板もアーティストによる手書きなのですが、アップできなくて残念です。

つかさ商店のイカといい、さの字の飛び魚を逆さまにしたような文字といい、愛すべき看板です。くしもちというのは何かとか、想像すると楽しいデス。

串もちは、お餅を串刺しにして、味噌、醤油、砂糖、あるいはクルミなどの調味料をつけて炭火焼きにしたものです。地域によっていろんなバリエーションがあります。店は休みだったので商品は見られませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/29533068

この記事へのトラックバック一覧です: 手書き看板:

« たらっぽ あります | トップページ | チューリップ品種~追加編 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ