« さよなら キアシシギ | トップページ | あおもり犬 »

ウミネコのヒナ2

 

前回ご紹介したウミネコの雛は、あれから9日後、どうなったか行ってみました。

Img_0052

 

先に生まれたほうは、ふたまわりくらい大きく成長していました。

Img_0070

 

今回も望遠レンズが必要でした。

Img_0129

 

雛に近づこうとすると、親鳥が警戒して攻撃してきます。

Img_0175

 

それでも前回よりは警戒心は和らいでいました。

Img_0223

 

その分だけ、成長したからでしょう。

Img_0256 

« さよなら キアシシギ | トップページ | あおもり犬 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おお、なんと愛らしい。どうしてこうも可愛いのでしょう。魂に迫ってくるようなこの可愛さは、無力な雛に贈られた宝物なんでしょうね。なあんて言っても、天敵は容赦してくれないんだろうが…。でもその分、足のたくましいこと。ふくらはぎまである!首をかしげた姿がいいですね。

最後の写真の小首をかしげているのがかわいい。それにしても彼らは、いつ、あんな親鳥のような白いカオになるんでしょう?鶏-ヒヨコの関係と一緒かな?

nuts-coさん
雛の愛らしさは母性本能を刺激しますか?
ここのパラダイスにいる間は、天敵の心配はないようです。監視員が常駐していますから。
生き残る為に必要な口と足は、生まれた時から機能を果たせるように発達しているみたいですね。

sustenaさん
1年目はまだ若鳥として、羽の色がグレーとブラウンが混じった感じです。白くなるのは2年目以後かな?

寿命は何歳くらいなんでしょうね。
成鳥になる前に食べられてしまうのも多いだろうし。
可愛い顔やしぐさを見ると、ついその行く先を考えてしまいます。
望遠レンズが大活躍で、大変でしょうけど楽しい時間ですね。

成鳥になるのに約2年かかるとして、その後、1年生きる確立が50%くらいという調査もあります。毎年半分いなくなるということですね。天寿をまっとうするのは殆どいないかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/29881935

この記事へのトラックバック一覧です: ウミネコのヒナ2:

« さよなら キアシシギ | トップページ | あおもり犬 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ