« ツバメ~野外編 | トップページ | 白い藤 »

ツバメ~野外編 2

 

しばらく撮影していると、ツバメが疲れてきたのか、自分が慣れてきたのか、飛行スピードが落ちてきたようにも感じられました。

Image11  

 

でも相手は複数いて、代わるがわる飛んでくるので、そうとも限らないようです。

Image12

 

こちらもだんだんコツが分かってきて、方向転換の瞬間に減速することに気づきました。

Image14

 

もうひとつ後で気づいたことは、曇りで暗かったので、シャッター速度を速くしようとしてISO感度を高くした為に、画像にノイズが入ってザラザラになってしまったことです。

Image15

 

これはちょっと残念なことでした。次の機会に改善します。

Image16

« ツバメ~野外編 | トップページ | 白い藤 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

飛んでいる燕を撮るなんて!!燕はいつもスッと見えなくなってしまって、追おう、とか、撮ろうということを考えたこともありません。下の写真も含めて燕を眺めていると、みているこちらも、スッと飛べそうな気になってしまいます。

小学生の頃、紙飛行機で「ツバメ飛行機」というのをよく作って飛ばしました。それがさらに速く飛んでいるような感じでした。手裏剣かブーメランのような飛び方をするので、追っかけるのが楽しかったです。

おお、あのツバメをとらえるなんて、剣の達人って感じですね。カメラの腕はもちろんとして、やっぱり鳥を見る目、動きを読む目なのかなと思います。どの位の時間、ここで撮影していたんですか?けっこう長い時間でしょうか。

この場所の滞在時間は1時間程度ですが、土手を歩いたり観察したりで、撮影は30分くらいでした。
川蝉はいませんでしたが、代わりに燕が多かったです。
ダメ元で試してみましたが、やってみるものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/30123235

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ~野外編 2:

« ツバメ~野外編 | トップページ | 白い藤 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ