« イサバのカッチャ | トップページ | ウミネコのヒナ3 »

ツバメ

 

ツバメは、天敵のカラスから雛を守る為に、人のいる賑やかな所に巣を作る習性があります。

Img_0028

 

うちの工場の天井裏にも、毎年この時期になるとやって来て物色します。

Img_0032

 

しかし、条件がぴったり合うのはなかなか難しいようです。

Img_0035

 

例えば、天井クレーンが走行する振動に耐えられるのかどうかというのは先方の問題。

Img_0036

 

ツバメが自由に出入りするために、扉を24時間開けたままにしておけるか、というのがこちらの問題。

Img_0042

 

双方の条件が一致しないと、営巣は実現しないのです。話し合いの場を設けたことはないのですが、何となく理解してしまうようです。

Img_0047

« イサバのカッチャ | トップページ | ウミネコのヒナ3 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

Lucianさん、もしかして小鳥とお話ができるんじゃないですか?
もうどんな鳥のどんな習性も熟知されているとしか思えません。
野鳥の会に長いこと入っていたとか・・・ですよね。
今日のツバメの営巣については、とても勉強になりました。

飛んでいるところを撮れないので、留まっているシーンでごまかしました。最高時速200kmで飛んでいるシーンを撮ってみたいです。撮影に成功した人のブログはあるので、不可能ではないみたいです。
野鳥と対話はできませんが、気持ちを理解できる時があるような気がします。野鳥の会には20年近くいました。

野鳥の会、20年…。そりゃ、今後もいっぱい鳥のことを教えていただかなくちゃ。楽しみにしています。
写真を見たとたん、「あ、さすがのlucianさんにも、飛んでるツバメは難しかったんだなあ」と納得しました。こんなにゆっくりツバメを見ることはないですから、つくづく眺め、かわいいなあと堪能しました。おしゃれな鳥ですね。声も好きです。

週末をはさんで雨が4日も降ると、飛んでるツバメを撮るチャンスもなく、練習もできませんでした。
秘策があるとすれば、マニュアルでピントを合わせることだと気づきました。オートでは間に合わないようです。左手の指がオートで動けばいいわけです。

このちょっと錆びた赤い鉄の色と、燕の喉元の色がシンクロしていて、1.2.4枚目など、なんだかホンモノじゃなくて、絵本の燕のようです。私もこんなにしげしげと燕を見たことがありません!

夕方の屋内だったので、ストロボを使いました。
そのために立体感がなくなりましたが、色・形は鮮明になったようです。
できれば、晴れた日の外で撮ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/29972783

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ:

« イサバのカッチャ | トップページ | ウミネコのヒナ3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ