« ツバメ | トップページ | 鉄錆び »

ウミネコのヒナ3

 

蕪嶋のウミネコの雛はさらに大きくなり、目つきも精悍さが加わってきました。

Img_0039

 

幼鳥から若鳥の一歩手前へと成長しています。

Img_0062

 

彼らは、7~8月にはこの嶋を離れて旅立ちます。

Img_0132

 

それまでに、一人前にならなければなりません。

Img_0253

 

体長も親の半分以上に達しています。

Img_0274

 

産毛も抜けて羽根が生え変わり始めてきました。

Img_0303

« ツバメ | トップページ | 鉄錆び »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

>それまでに一人前にならなければなりません…厳しいルールですね。この頃、娘がもうすぐ20歳なので「もう一人前かしら」と考えることがよくあります。人間はいつまでに一人前にならなければならないんでしょうね?
雛の顔がずいぶん大人びてきましたけど、どこがかわったんだろう。いろんな位置の問題?大きさの比率でしょうか。

羽ばたけるようになったら、砂浜へ行って餌探しの実戦訓練が始まります。親の中には、子育ての疲労や縄張り争いのストレスから命を落とすものもあります。それもまた自然の一部分ですね。
丸い顔が嘴と一緒に伸びて、細長くなってきました。

毛のクチャクチャっとした感じ、どこをみてるんだろうと思うマナザシ。これまで見た鳥のヒナは、ヒヨコとバンとカルガモぐらい。しかもこんなにシャープに見えるのをしげしげ見たことはありません。それにしても雛の成長の早いこと。

あと1~2ヶ月で飛べるようになるなら、すごい成長スピードです。旅立つまで観察を続けてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/29993972

この記事へのトラックバック一覧です: ウミネコのヒナ3:

« ツバメ | トップページ | 鉄錆び »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ