« マガモ | トップページ | ツバメ~野外編 2 »

ツバメ~野外編

 

今日は曇りで、霧雨でも降りそうな空模様でした。そこで、ツバメの飛行シーンを撮ることにしました。

Image1

 

諺に、「燕が低く飛ぶと雨が降る」というのがあります。

Image2

 

空中の虫を餌として飛びながら食べるのですが、雨が近くなると昆虫の羽根が湿って重くなるので低い所を飛びます。それでツバメも低空飛行をするわけです。撮影にはチャンスです。

Image3

 

川面の上を水の流れと平行に飛ぶツバメのコースを確認し、橋の上で待ち伏せすることにしました。

Image5

 

飛行速度はかなり速く、平均時速100㌔くらいはありそうでした。しかも真直ぐ飛ばずにジグザグに折れ曲がるように飛べるので、動きを予測できません。

Image6

 

それでも、空を見上げるのと見下ろして撮るのとでは、後者に分があるので有利とみました。

Image7

 

出会い頭の、すれ違い際に一騎打ちです。

Image8

 

最初はブレ・ボケの連発でしたが、慣れてくるとヒット率が少しずつ上がってきました。

Image9

 

後半戦は、バッターボックスのイチロー気分です。

Image10

次回に続きます。

 

« マガモ | トップページ | ツバメ~野外編 2 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

勝負しに行ったのですね。
じっくりと構えて狙う・・・・見習いたいと思います。
普通、鳥を撮るときは待ち伏せして時間をかけて狙うんですよね。
そうすればおっしゃるようにヒット率が上がると・・・。
釣りと同じような心境でしょうか?
短気な私には難しいような気がします。
燕の動きがわかって、なんだか動物のテレビ番組を見ているようです。

待ち伏せして時間をかけるといっても、ツバメは速いので、せいぜい30秒か1分くらいです。
何羽かが交代で次々にやってくるので、結構忙しかったです。釣りみたいにのんびりできませんでした。
ツバメは飛んでいる虫しか食べないので、いつも飛んでいるようなものです。
川を何度も往復しながら捕食していました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/30099449

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ~野外編:

« マガモ | トップページ | ツバメ~野外編 2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ