« モズ | トップページ | キジの幼鳥 »

キジバト

 

これはキジバトで、全国的に広く分布する留鳥です。

P7264434_re

 

体長33cm。体はぶどう色を帯びた灰褐色です。こちらはまだ幼鳥のようです。

P7264455_re

 

このように地上を歩いて植物質の餌をとりますが、樹上で木の実を食べることもあります。

P7264443_re

 

頸側には黒と青灰色のうろこ状の班があります。

P7264436_re

35mm換算で600mm、3mくらいに近づいてこれくらいの大きさに写ります。

P7264445_re

OLYMPUS E-510、ED 70-300mmでの試し撮りです。

« モズ | トップページ | キジの幼鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こちらのブログをプリントアウトしておけば、野鳥観察図鑑ができますね。
愛らしい写真とわかりやすい説明で、下手な本職よりもずっと素晴らしいと思います。
このキジバトと多分同じものが、やはりうちの界隈でも見られます。
が、ここまで大きく撮ることは、私には不可能です。

キジバトのこの首の横の柄、こんなハンパな場所にきれいな飾りを付けて、不思議な感じがします。だって、ここは体の中である一つの区切りの場所って気がしませんものね。ポンと付けたような飾り。
おととい飛行機に乗って、主翼のすぐ後ろの席だったので、翼をよ~く見ていたんですが、着陸態勢に入ってからのフラップの広げ方、角度など、とても自然なものに見え、そのとき、はっと気づきました。lucianさんのブログで鳥の飛翔の写真を沢山見せていただいているので、空気の掴む翼のようすが目にしみこんでいたんですね。ありがとうございました。

esikoさん
普通はここまで寄ることはできません。
今まで何度もキジバトを撮りましたが、離れていて小さかったので、アップするのを見送ってきました。
今回は奇跡的な幸運だったのです。餌採りに夢中の時は、天敵以外は無視するのかもしれません。

nuts-coさん
首の班は、写真で確認するまでは気がつきませんでした。何の為にあるのか不思議です。
飛行機は鳥の翼をヒントに造られたので、鳥の方がお手本だったんですね。

3枚目の写真、すごく気に入りました。お尻からのラインがかわいくって、見飽きないです。

sustenaさん
この脚が短いほうが幼鳥みたいです。親子で餌探しに夢中なので、しばらく逃げなかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/30702521

この記事へのトラックバック一覧です: キジバト:

« モズ | トップページ | キジの幼鳥 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ