« 空と雲 | トップページ | 割烹着 »

シンクロナイズド・フライング

 

水鳥のペアが飛ぶときは、はばたきまでシンクロしていることがよくあります。これはカルガモ。

Img_0008

 

どうやって呼吸を合わせるのか不思議です。

Img_0009

 

ひょっとしたら、テレパシーのようなもので通じあっているのかもしれません。

R0011739

 

まさに、シンクロナイズド・フライングです。この白鳥の2枚は冬の画像です。

R0011740

 

一方、こちらは三歩さがって後について来るタイプ。

Img_0021

 

オオバンです。

Img_0022

 

水を蹴って助走しながら離陸していました。

Img_0023

 

ちなみに、この池のほとりにはこういうものがあります。

Img_0085

 

 

« 空と雲 | トップページ | 割烹着 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

lucianさん、スゴーイイ!!!
語彙が貧弱で、スゴイという表現しかできないのが悲しいです・・・。
こんな所(?)だけじゃなく、もっと大きなところで展示すべきだと思います。

>もっと大きなところで…
3人しか見てくれてないかもしれないので、ここで十分ですよ。
私は休日写真家で、休みの日にしか写真を撮りに行けないので、毎日の更新は結構大変です。
そのうち、間隔が長くなるかもしれません。

私も語彙が少なくて、本当にすごい!あんぐり。
(ここの表現はnuts-coさんにまかせてしまおう)。水面に石を投げたときみたいに、ピュッとシンクロしてるのも最高♪実に興味深く拝見しました。私も土日に公園でカルガモはみているのに。こんどからシングロカルガモが目に入るようになるでしょうか。

いや、ほんとにすごいシーンを見せていただいて、ありがとうございます。着水のとき、こんなふうに等間隔にちょっちょっと水を切ってるのかとびっくりです。シンクロはほんと不思議です。V字で飛ぶのは気流の流れでそうなりそうな気はしますけど、ちょっとした動作までちゃんと揃って。それはそうと、2枚目はにこ~って笑ってますね。

sustenaさん
シンクロはいつもあるわけではありません。珍しい偶然です。たくさんいると起きない現象かもしれません。

nuts-coさん
水切り着水を見たのはオオバンだけです。この鳥の特徴なのかもしれないです。一気に着水するのが苦手なのでしょう。だからシンクロできない?
2枚目の笑顔は気が付きませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/30206240

この記事へのトラックバック一覧です: シンクロナイズド・フライング:

« 空と雲 | トップページ | 割烹着 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ