« オナガ | トップページ | 空き缶の錆 »

カワラヒワ

 

後から見ると、一見スズメの大きさですが、カワラヒワです。左が雌、右が雄です。

P8094823_re

 

雌が飛び去り、雄だけ残りました。ここは河原と海岸の境目、つまり川の河口です。カワラヒワは河原にいる、というのは本当でした。

P8094834_re

 

体長14.5cm、オリーブ褐色の体で、翼の風切は黒く基部が黄色いので、飛ぶと幅の広い黄帯が出ます。

P8094835_re

 

3m位まで近づけましたが、逃げないのが不思議です。餌を貰う習慣はないはずです。

P8094836_re

 

翼の黄色と黒の縞模様は、ゲゲゲの鬼太郎のチャンチャンコに似ています。

P8094840_re

« オナガ | トップページ | 空き缶の錆 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

カワラヒワは千葉にもずいぶんいるんですが、下から2枚目みたいに正面から「お見合い」したことはなく、ほんと、楽しいです。完全にこっちを見てますねえ。仁王立ちして。鬼太郎のちゃんちゃんこ、その通りですねえ。こんどカワラヒワを見かけたら、「よお、鬼太郎!」と声かけます。

私は哲学者みたいだなぁと思いました。

nuts-coさん
普通は正面から見合うことは滅多にないです。
夕方の野鳥は帰る前に餌を熱心に探すので、警戒心が緩むのかもしれませんね。

sustenaさん
デカルト派かもしれないですね。
「我探す ゆえに餌在り」

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/30897389

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ:

« オナガ | トップページ | 空き缶の錆 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ