« ナナフシ | トップページ | ザ・カルガモクイズ »

ハクセキレイの親子

 

砂浜にハクセキレイの親子が来ていました。これは幼鳥。

P8135053_re

 

この段階では、まだ雌雄の区別はつきません。

P8135064_re

P8135065_re

P8135067_re

P8135080_re

 

こちらは成鳥の雄です。夏羽では頭と背中が同じ黒になります。

P8135056_re

 

これははっきり分かる例です。頭と背中が続いて黒くなっていますね。

Img_4957

 

一方、これは頭が黒くて背中がグレーです。雌の特徴です。

P8135108_re

P8135111_re

 

後から見るとよく分かります。

P8135115_re

P8135120_re

 

これは若鳥の雌です。顔が黄色いので分かります。

P8155471_re

この辺りには、ハクセキレイがほとんどで、セグロセキレイは見かけません。縄張りの関係でいないということもありますが、個体数の差が大きいのが主な理由だと思います。

ハクセキレイは、アジア大陸の全域と日本全土に居るのに対し、セグロセキレイは日本国内だけだからです。

« ナナフシ | トップページ | ザ・カルガモクイズ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

4枚目と5枚目の幼鳥が大好きです。このいっぱしな足取りと目配り。可愛くて生意気で。

ハクセキレイはここでは一番見つけ易い野鳥の一つです。
それだけ生息数が多いのでしょう。
前にも何回か書いたので、今回は少し詳しく解説してみました。

セキレイは、近くの公園にもいますが、何セキレイかは??? この写真からすると、ハクセキレイみたい。1枚だけでなく、こんなふうに何枚もあると、あっ、やっぱりこいつだと確信が持てるんですけど、公園などにある「ここにはこんな鳥がいます」という看板では、いつも???の気分です。それと、私も最後の写真が好きです。

幼鳥が人気ですね。今度また特集を組みましょう。
実は今日もまた会って、モデルになってもらったのです。手を伸ばせば届くくらいまで近づいて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/30944736

この記事へのトラックバック一覧です: ハクセキレイの親子:

« ナナフシ | トップページ | ザ・カルガモクイズ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ