« コスモス | トップページ | 田んぼアート »

カワラヒワ

 

今度は、カワラヒワに近づいてみました。

Img_0806_re

 

警戒モードが解けたのか、前回の哲学者の風貌はなくなって普通の小鳥になっていました。

Img_0794_re_2

 

本来は森林性で、樹上の木の実や種子、木の芽などを食べますが、時々海岸にくると海草を食べることもあるようです。

Img_0789_re

 

でも口に合わなかったのか、ここではその後あまり見かけなくなりました。

Img_0774_re

« コスモス | トップページ | 田んぼアート »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

なつかしいなあ。
20年ほど前、バードウオッチング(α9000に50ミリだから最初から撮るのはあきらめて、双眼鏡でのぞくだけ)してたころ、阿佐ヶ谷(善福寺川緑地)と高尾山で木の枝に止まってる群れをみたことがあります。見たのは最初の年だけで、その後ぜんぜん見かけておりません。
いやあ、なつかしい。今年の冬は久々に暇が多そうだから、鳥見でもやろうかなあ。

是非やりましょう。
一眼レフは大きいので、常時携帯という訳にはいかないのですが、CX2は300mmまであってコンパクトなので注目しています。

カワラヒワの高い、女の子のおしゃべりみたいな声が好きです。昔はよく藪に草の種を求めて群れをなしていたのに、このごろはすっかり少なくなって、残念。黄色の羽、こんなにきれいなんですね。

警戒心がとれて、哲学社風の風貌ではないというのがなんだかおもしろい。それと海草を食べることもあるという話にも驚き!

nuts-coさん
今はどこでも少数グループ(親子?)での行動が多いように思います。群れは見かけなくなりました。野鳥は環境の変化のバロメーターみたいです。

sustenaさん
味方だから逃げないでくれ、と祈るように接近します。
そうするとだんだん距離が縮んできます。
逃げられるイメージを抱いた瞬間にダメになります。
鳥は紫外線視力を持つので、人間の思考オーラが見えるのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/31074786

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ:

« コスモス | トップページ | 田んぼアート »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ