« 看板 | トップページ | 馬 »

とちの木

 

いつも通り過ぎている道の近くに、「とちの木」があることに気づいて寄ってみました。案内板によると、推定樹齢850年とのこと。

R0016068_re

 

幹まわりは6メートルでそれほど太いわけでもないのですが、水平方向に伸びた枝が10メートル以上もあって、何箇所か地面から支えていました。この支えがないと折れてしまうのは確実でした。

R0016086_re

 

木の実も落ちていたので拾ってみました。

R0016096_re

 

スイゼンカズラの実を大きくしたような印象がちょっとありました。

R0016091_re

« 看板 | トップページ | 馬 »

地域・自然」カテゴリの記事

コメント

樹齢850年!!!!!!!!
私よりも年上じゃありませんか!!
水平に伸びた枝は、おどろおどろしくて、ヤマタノオロチを思い出しました。
中尊寺の月見坂の杉もかなりの古木ですが・・・さてどっちが古いんでしょう・・。
トチの実は、戦時中は食べたと思うのですが、今はどうなんでしょうね。

中尊寺の月見坂の杉は樹齢300~400年だそうですから、2倍以上勝っていますね。
トチの実は、この辺では食べた話は聞きません。
栃餅や炊き込み御飯にするところはあるそうです。

私は食べられる木の実には目がないんですが、栃餅は美味しいです。とちを入れたせんべいもいい。アクを抜くのが大変らしいですけど。大木はいいですね。そばに立つだけで、落ち着きます。
それはそうと、土地の実はケロロ軍曹みたいですね。

それでは何個か拾ってきた実は飾っておくしかないですね。
味はいつかどこかでの楽しみに取っておくことにします。
ケロロ軍曹は知りませんでした。息子は知っていましたが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/31376335

この記事へのトラックバック一覧です: とちの木:

« 看板 | トップページ | 馬 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ