« カワラヒワ | トップページ | 虹 »

田んぼアート

 

道路わきにこんな案内があったのでのぞいてみました。

_9060199_re

 

道端から見ても全体像がよく分かりません。

_9060197_re

 

丁寧にも、臨時の展望所まで用意してありました。

_9060183_re

 

これが上から眺めた絵です。

_9060184_re_2

 

ここは牛舎の傍なので、牛の絵にしたのでしょうか。

_9060186_re

 

遊びごころもこうなると本格的ですね。

_9060187_re

« カワラヒワ | トップページ | 虹 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

個人の遊び心でやったにしては、随分とまた大がかりなことですね。
パワーがあるなあと羨ましくなります。
岩手県でもこの田んぼアートをやっている所があって、去年はアテルイの顔だったような気がします。
今年もニュースで見たのですが・・・平泉だったような違うような・・・。
この黒い稲の部分は、古代米を植えるのでしたっけ?

黒い稲は古代米の一種だそうです。白い稲は特に名前はないとか…。
津軽には、戦国武将対ナポレオンの騎馬戦とか、すごいテーマのもっと本格的なのがあるみたいです。

この三色の色合いがクールですね。

こういう身近な生き物の図柄の方が歴史物よりぼくは好みです。

これは個人の作品です。しかも牛舎の隣なので牛のオーナーの作かもしれません。
観光目的などで組織的になると、歴史物など凝ったテーマをやらざるを得なくなるのでしょう。

よくまあ、ちゃんときれいに柄が出るものですね。収穫後はやっぱり食べるんでしょうね。だとしたら、色別に収穫するのかしら。品種がまじりあったりしないのかしら。それから、右下の四角には何が書いてあったんでしょう。なんか、知りたいことがいっぱいあります。

四角い枠の中は、文字に見えなくもないですが、私は単純にエサ箱と解釈しました。
収穫はやはり色別にするでしょうね。

これは最初から想定して植えるんですね?デッサンはするのかしらん。きれいにできているものですね。

ロープを等間隔に張って、書いてある記号に対応した色の稲を植えていきます。
XY座標の記号はPCでデッサンの上に書き込みます。
簡単でしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/31263032

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼアート:

« カワラヒワ | トップページ | 虹 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ