« ただいま待機中 | トップページ | コスモス »

ドルフィン・タッチ

 

道端にイルカの置物がありました。奥の家の庭のようです。

_9060144_re

何でできているか気になったので、近くに寄ってみました。なんと、自然石そのままでした。触って確かめました。本物でなくてもドルフィンタッチです。

_9060149_re

 

持ち主は、おそらく、イルカによく似た石を見つけたので自宅まで運んできたのでしょう。そしてペイントして、セメントで台座を作った。ペンキはスプレーを使ったので上の葉っぱまで青くなったようです。

_9060153_re

« ただいま待機中 | トップページ | コスモス »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

遊び心が楽しい! しかもこのはみ出した青や城のペイント! 職人気質の私ですから、ここまでやるなら、なぜスプレーを使う!筆で描かんかいっ!と言いたいですが、この呑気さこそが楽しいんでしょうね。
それにしても、この岩、重かったでしょうねえ。

スプレーの方が技量の違いが分かりにくいので、素人でもきれいに仕上がるからでしょう。
重さを推定してみましょう。
1m×0.2m×0.3m×2.7≒0.16トン=160kg
人で持ち上げるのは無理みたいです。

大きな石を見て、イルカみたいと思う人はいるでしょうが、こういう風に仕上げてしまう遊び心に恐れ入ってしまいます。
とてつもなく重いのに。

こういうことをやってみたいと思う人はいても、実行する人はなかなかいないと思います。
ひょっとしたら、小さい子供か孫がいて、喜ばせるために作ったのかもしれません。
そういうはっきりしたモチベーションがあったのでしょうね。

私も真っ先に重さを考えてしまいました。そうまでして、しかもスプレーで塗る熱意ときたら。関係ないですが、うちの息子の絵画の授業で、ホンモノのチョコレートやカップ麺を材料に使っているひとがいるといって驚いていました。創作というのはムズカシイものです。

作った人は多分、仕事の関係で重機などを使えたのでしょう。
仕事のついでに運んできたら、重さは問題ないですね。
誰かに見せたいという熱意から生まれた作品だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/31263132

この記事へのトラックバック一覧です: ドルフィン・タッチ:

« ただいま待機中 | トップページ | コスモス »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ