« 横断旗 | トップページ | 看板ぐるみの店 »

 

飛んでいるトビは、こちらの姿を見るとすぐに遠ざかり始めるので、なかなか撮影できないのですが、留まっている時はチャンスです。姿形をじっくり観察できるので、動いているよりいいかもしれません。

_9230494_re

 

_9230498_re

 

他のワシタカ類との簡単な識別方法は、凹尾です。尾羽の真ん中が凹んでいます。
そのほかの猛禽類はすべて中央が丸く膨らんでいます。
鳴き声もあの独特な、ピーヒョロヒョロヒョロ、です。

_9230497_re

« 横断旗 | トップページ | 看板ぐるみの店 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんなにトンビをしげしげと見たのは初めてです。ていうか、lucianさんのブログは初めて見るものだらけですけど。二枚目の首のかしげ具合など、本当に猛禽類だなあと思いますね。目玉の大きさとか、クチバシの具合とか。

地上最強の視力でこちらを逆に観察されていたようです。
油揚げでも手土産に持っていけば近づいてくれるのでしょうか。

二枚目、この下にいたらと思うと、ちょぴり足早になっちゃうかなぁ。

もっと近づこうとして下に向かって歩いて行ったら逃げられてしまいました。
眼つきは鋭いですが、人を襲うことはないので大丈夫です。

昔昔子どものころ、近所で鳶を鳥小屋で飼ってた家があって、時々怖いものみたさに寄りました。
あの目でぎょろりとにらまれるとうへい怖いやというゲームなんでしたけど、今思い出すと、餌捕りの苦労がなかったせいか、爺さんのぎょろ目みたいなわずらわしさと好奇心のまじったような感じでしたね。
この写真の目はワイルドですねえ。羽色もきれいだし、いい写真ですね。

褒めて頂いて有り難うございます。
飛んでいる時は、カメラが銃に見えるのかどうか、離れて行ってしまいます。
一度、鷹匠のように腕の上に留まらせてみたいものです。

トンビはこのあたりにもたくさんいて、あまり逃げない鳥(カラスの次?)のひとつです。
私にとってはなじみ深い鳥ですが、こんなにくっきりと写真に撮れたことはありません。
Lucianさんは本当に撮影がお上手です。

有り難うございます。チャンスさえ捕まえればもうこっちの勝ちです。
最初に撮った頃は、逃げないで頭の上を旋回していたこともあったのですが、最近は逃げられてばかりです。
そちらではあまり逃げないということは、撮ろうと思えばいつでも撮れるわけですね。
行ってみようかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/31543394

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 横断旗 | トップページ | 看板ぐるみの店 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ