« ゴーストシップ~水平線の蜃気楼~ | トップページ | 花と犬 »

Staring game ~猫とにらめっこ

 

通りすがりにこんなところで猫に出会いました。
左半分が白で右にトラブチのあるタイプでした。
顔の左右が違うのが何となく愛嬌があって印象に残りました。

Rimg0121

Rimg0120

 

ネコとヒトが対等にできるゲームといえば、「にらめっこ」。
でもネコは笑って吹きだしたりしないので、日本のルールではダメです。
西洋式(staring game)は目をそらしたり瞬きしたら負けなので、これならOKです。

Rimg0115

Rimg0116

 

見つめ合いながら少しずつ歩いて間合いを詰めてみました。
身体は引いていますが、瞬きもせず微動だにしません。
さすがはハンティングのプロ。

Rimg0117

Rimg0118

Rimg0119

 

参りました。ネコ君の勝ちです。こちらは何度か瞬きをしてしまいました。
遊んでくれてありがとう。また会えるといいね。

Rimg0129

Rimg0122

« ゴーストシップ~水平線の蜃気楼~ | トップページ | 花と犬 »

」カテゴリの記事

コメント

猫くんがちょっとずつちょっとずつ身構えていくのが、面白いですね。ひたっとこっちを見て。猫はカメラのレンズを見ているんでしょうか。この猫、灰色の部分は見事にコンクリートの色と同じで、保護色になっている(白はうんと目立ちますけど)

いつでも動けるぞポーズになりながら身構えて、じっとこっちを見ている。その間、いったいどれくらいの時間だったんでしょう?

lucianさんは、やはりどこか浮世離れしています。
この世の人じゃない雰囲気に充ち満ちています。
そのうちいつか本当の国に帰るのですか?

nuts-coさん
猫のカメラ目線と私の目が同じになるように構えました。
白猫が部分的に透明になったように見えるでしょう?
猫は元々模様が保護色になるように進化してきたようで、白猫は突然変異だという説もあります。

sustenaさん
5分は経っていると思います。
私もカメラを持って被写体を見つけると、餌を見つけた猫のように集中できますから。

esikoさん
あの世に行きかけて途中で戻ってくると、普通の人が恐いと感じていることを克服できるみたいです。
それが浮世離れなのでしょうかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/32372309

この記事へのトラックバック一覧です: Staring game ~猫とにらめっこ:

« ゴーストシップ~水平線の蜃気楼~ | トップページ | 花と犬 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ