« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

印象的な夕焼け

 
今日は気温が上がり雪がだいぶ融けました。
久々に印象に残る夕焼けを見ました。

Dscf2367_filtered

Dscf2368_filtered

氷上の格闘技

 
食べる物がない白鳥たちはストレス解消のためかどうか、あちこちで追いかけっこをしていました。
翼を広げて羽ばたきながら走る姿はとても珍しいものでした。
羽で浮力をつけて体重を軽くしながら走ることで、足への負担を軽くしているようでした。

P1170328_2

P1170440

 
♂のナンバー1とナンバー2が力比べをしています。
くび相撲というかネックレスリングなのか、首だけを使ったパワーゲームです。
立会人か行司の役もいます。

P1170416

P1170430

左の方が押し出されました。勝負ありのようです。

P1170433

 
負けたほうは逃げ出してしまいました。

P1170434

 
夕日が沈み始めたのでゲームオーバーです。
氷の上で丸くなって眠りにつきます。

Img_0294

白鳥たちの受難

 
白鳥飛来地の池で、間木堤という所に行ってみました。
到着すると白鳥が飛んでいて、頭上を旋回し始めました。
まるで待っていたかのようでした。

P1170202

急いでカメラを準備して何枚か撮ると着地してしまいました。
夕方だったこともあり、その後飛ぶことはなかったのでラッキーでした。

P1170221

 
着水ではなく「着地」だったのは、池の水が凍っていたからでした。
さらにその上に雪が降り積もって厚くしていました。
こうなると田んぼや畑も同じ雪景色なので移動してもだめです。

P1170223

 
これでは水中の餌を探すことができません。
しかも、近年は鳥インフルエンザ予防のために餌付けが禁止されているので、
人からもらうこともできず、踏んだり蹴ったりの状態なのです。

P1170238

 
翼を広げて歩きながらの鳴き声が、オーマイゴットに聴こえるような気がしました。

P1170246

ホームレス猫の親子

 
キジトラ白の子猫が元気でハッピーだった頃、母猫と一緒に寛いでいたことがありました。
ここは漁港の岸壁で、釣り人が魚を釣るのを見守っているところです。
雑魚の1匹でも貰えるかもしれないと待っているのです。

_b230209

_b230168

 
暖かくて天気のいい日は猫日和でもあり、のびのびとリラックスしています。
子猫は兄弟姉妹とは時々喧嘩をしても、ママに対してはいつでも従順です。

_b230270

_b230201

 
この2匹は顔立ちを見てもよく似ているので親子だとすぐ分かります。
2ショットでポーズを決めてくれました。

_b230232

Img_0944

Img_0942

ホームレス子猫

先月、魚市場の近くに住む5匹の子猫たちに出会いました。
飼い主はいないのでこの近辺にいるホームレスの子猫たちということになります。
子猫とは生後6ヶ月までとされていますが、手のひらサイズ超くらいなのでまだそこまでは成長していないようでした。
市場や漁業関係者から雑魚のおこぼれなどをもらって食べているようです。
野外なのでカラスとの争奪戦になることもあります。
毎週ウオッチングしたのですが、だんだん数が少なくなり、最近では見かけるのは1匹だけになってしまいました。
母猫らしきのが2匹いますが、子猫が単独で別の縄張りに移動できる時期とは考えにくいです。
冬場は水揚げも少なくなり、エサとしてもらえる魚もなくなるので、子猫たちにとって正念場になります。
母猫と行動を共にすることが多いのですが、たまには単独で食べ物を探さなければならないこともあります。
一期一会になってしまったものもいるので紹介しておきます。

まず黒白のハチワレきょうだいが3匹。で、個性も三様。
これはひょうきんタイプで性別不明。1回遇ったきりで消息は不明です。

Img_0204

エサを食べるとき遠慮して最後になってしまう、シャイなタイプ。♀
今朝マイナス5℃でも元気に雪の上を歩いていました。

Img_0625

子猫なのにちょっとコワモテ♀。でもそれほど凶暴じゃない。
正月明けから見かけなくなりました。心配です。

_c060061

Img_0181

キジトラ♀で見かけはかわいいが、かなりワイルド。
自分が食べてるエサに仲間が近づいてくると、相手の頭に爪を立てて地面に押さえつけ、そのまま食べ続けます。
活発な子でしたが、年を越せずに死んでしまいました。飢えではなく天敵のカラスにやられたのではないかと思います。

Img_0378

白にトラが少し混じったタイプもいました。表情から見てちょっと具合が悪そうです。
2回目に見かけた時は道路わきで冷たくなっていました。

Img_0202

Img_0194

漁師たちはノラ猫に対しても寛容です。表向きはネズミを捕ってくれるから、ということにしていますが、魚を好む猫は縁起が良く大漁をもたらす神様のように想われているふしがあるようでした。

オオハクチョウの若鳥

 
漁港の港湾内にオオハクチョウの若鳥が2羽飛来していました。
ここには自然の内湾はないので、波のない静かな所は港湾の中だけです。
これまでは、白鳥が波の荒い外海に来ることはありませんでした。
しかも若鳥だけというのも珍しいのです。あるいは群れとはぐれてしまったのかもしれません。

Pc310163

 

Pc310103

 

Pc310196

 

先客のカモや雁がいるのを見て、試しに寄ってみたのでしょうか。
前例のない冒険ができるのも、若者?の特権かもしれません。
一週間か十日くらい滞在した後、飛び去って行きました。

Pc310121

 

Pc310094

 

Pc310178

 

Pc310203

ホームパーティ

 

米国在住の従妹夫妻が一時帰国しているので、親戚へのお披露目を兼ねてホームパーティがありました。
最近はイベントでもないと、なかなか餅つきをすることがなくなりました。
ましてや外国の人にとっては初めての体験でした。

Img_0019

 
この臼は母の実家にあるもので、100年以上前から使っているものだそうです。
ひび割れたのを修繕した跡がいくつかあります。材質はけやきでしょう。

Img_0028

 
従妹の母親の実家にて、おじ・おば・いとこ(と子供)までのメンバーでした。

Img_0061

初日の出

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年の初日の出です。

1

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ