« 初日の出 | トップページ | オオハクチョウの若鳥 »

ホームパーティ

 

米国在住の従妹夫妻が一時帰国しているので、親戚へのお披露目を兼ねてホームパーティがありました。
最近はイベントでもないと、なかなか餅つきをすることがなくなりました。
ましてや外国の人にとっては初めての体験でした。

Img_0019

 
この臼は母の実家にあるもので、100年以上前から使っているものだそうです。
ひび割れたのを修繕した跡がいくつかあります。材質はけやきでしょう。

Img_0028

 
従妹の母親の実家にて、おじ・おば・いとこ(と子供)までのメンバーでした。

Img_0061

« 初日の出 | トップページ | オオハクチョウの若鳥 »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

あらららら、これはまた賑やかで楽しそうなパーティですね。
以前、ELTの先生がいたころはよくパーティをやりましたが、最近は全くやらなくなったので懐かしいです。
さて普通の人間の心理としては、この中にLucianさんを探しますよね。
一番細くて50才くらい(?)の男性は・・・となるところですが、Lucianさんの性格からいって、自分の写っている写真を載せるわけがないですよね。
何かないとこうやって一族郎党が集まることもあまりありませんから、従妹さんに感謝ですね。

esikoさん
ご想像に反してこれには自分と家族も写っていますが、解説はできないのでご自分でお考えください。
子供たちは学校に行ってるので欠席でした。

やっと見れました。皆さんそれなりに写ってましたネ。ありがとうございます。

runrunseikoさん
その節はお世話になりまして有難うございます。

え!この中にlucianさんが写ってるって?私のイメージの中にいるlucianさんは、ちょっと見あたらないんですが。
100年以上使ったケヤキの臼を、こんなふうに補修しているっていうのが、いいですね。おいしいお餅をさぞかしたくさん作ってきたことでしょう。

nuts-coさん
イメージと現実とのギャップは、時々ある程度修正しておいた方がいいと思います。
そうしないと、今の(金融)資本主義みたいに突然崩壊に向かっていくかもしれません。
ケヤキのうすは、母が子供の頃すでに年季が入っていて古かったそうです。

私もケヤキの臼に感動しました。実家では、立派な臼があるにもかかわらず、もう30年も前から、ぐにぐにとこねるタイプの餅つき機にかわり、なんだかなめらかなだけの餅になってしまい残念。
私も必死でLucianさんを探しましたが・・・。

sustenaさん
臼と杵でついた餅は手作り感があっておいしかったです。
集合写真のほうは簡単に分かると思ったのですが、難しかったでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/32882559

この記事へのトラックバック一覧です: ホームパーティ:

« 初日の出 | トップページ | オオハクチョウの若鳥 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ