« 冬の雉 | トップページ | ツグミ »

ウミアイサ

 
これはウミアイサ(♂)で、冬鳥として来ています。
港湾に1羽だけいて雌は見つかりませんでした。
2枚目で分かるように、後頭部のボサボサした冠羽が特徴です。
雄の頭は緑黒色ですが、雌は茶色です。
大きさはカルガモより少し小さい55cm。魚が主食で、潜って捕ります。

P2200249

P2200244

P2200287

« 冬の雉 | トップページ | ツグミ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

初めて知りました。一瞬、キンクロを派手にした感じの鳥だなぁと写真をアップにしてみたら、けっこう凛々しい顔ですね。

sustenaさん
飛来する個体数が少ないせいか、珍しい鳥でした。
ミミカイツブリと並んで目が赤いのも貴重ですね。

カモの一種ですね?
ボサボサした冠羽のせいで、雰囲気がヤマセミに似ていると思いました。
ヤンチャな感じですね。
私は見たことがありません。
相変わらずlucianさんの注意力と観察眼には驚いてしまいます。

eiskoさん
そうですね。カモ科の仲間のアイサ類で、カワアイサとミコアイサを合わせて3種類います。
冬の旅鳥で数が少ないものは、気をつけて観ていないと見落としてしまいます。
それだけ貴重な出会いでもあります。

今日は思いもかけない津波警報で、きっとlucianさんのお近くの海辺も警戒が続いていることでしょう。lucianさんやご家族はきっと安全なところにいらっしゃるでしょうけど、ここで会うノラちゃんたちや海鳥はどうしているだろう、と思っていました。ノラちゃんなど、野生の本能で安全なところに逃げる知恵を持っているでしょうか。

nut-coさん
今日は海岸や近くの低い道路は閉鎖されました。
防潮堤も全ての扉が閉められました。これは訓練以外では初めてのことです。
高台から眺めてみると、鳥たちはいつも通りに海面にいました。
本能的に危険がないことを感じているのでしょう。
猫も、室内飼いのペットでなければ直感的に危機を感じて逃げると思います。
ちなみに私の家は海抜10数メートルなので避難指示区域にはなりませんでした。

ミコアイサは覚えてたけど、ウミアイサは忘れてました。(笑い)
どちらも見たことがないんですけどね。

地震も津波警報もまったく知らないうちに終わっておりました。一日眠ってたんです。
なんにもなくてよかったですねえ。

Cakeaterさん
1羽しか来てない鳥を自宅から10キロ以上離れた場所でピンポイント的に見つけるのは「運」とカンに頼るしかないかもしれないです。

津波警報ではなく、大津波警報でした。
国道まで閉鎖されたのは初めて経験しました。
満月の大潮と津波が重なったので潮位が高くなったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/33491438

この記事へのトラックバック一覧です: ウミアイサ:

« 冬の雉 | トップページ | ツグミ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ