« ゴーストシップ2 | トップページ | 古箪笥 »

冬の海

 
気温がマイナス10℃近くまで下がった時の海面の様子です。
海水温度はプラスなので、お湯から湯気が出るように蒸気が上がっています。
暖冬の時は決して見られない現象ですが、今年のように変則的な冬には様々なサプライズが期待できそうです。
気温が氷点下の日には、さすがにサーフィンをする人はいないのですが、プラスの気温になるとやる人が現れるのは驚きです。

P2060252_filtered

P2060262_filtered

« ゴーストシップ2 | トップページ | 古箪笥 »

自然」カテゴリの記事

コメント

うちの直ぐ前を川が流れているんですが、私は川でこの現象をよく見ます。
ああ、今日は水温の方が高いんだなあって思っています。
うんと気温が下がった時に見られるんですよね。
写真に撮ったことがありましたが、あまり写っていませんでした。
lucianさんのはちゃんと写っていますね!
規模も大きいし。

esikoさん
これを写真で分かりやすく撮るのは難しいです。
ほとんど見えないか、全体に霧がかかったようになってしまいます。
こういう場合はレタッチが必要かもしれません。
レベル補正をかけると蒸気が見えやすくなりました。

今日は気温がマイナス1℃でしたが、天気がいいのでサーフィンをやっている若者がいました。
彼らは身体から湯気が出ているでしょう。

小さなときに一度だけ見たことがあります。空気がほんとに冷たそうですね!

sustenaさん
寒さも続くと身体が慣れてきて、こういう現象を見てあらためて気づくことがあります。
猫たちは外でこの寒さに耐えられるというのも知りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/33337887

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の海:

« ゴーストシップ2 | トップページ | 古箪笥 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ