« 桜と馬とカエルの街 | トップページ | 蕪島のウミネコ »

お披露目

 
猫を飼い始めました。
白黒ぶちで牛柄に似た模様の雑種です。
3才の♂で、「ジョバンニ」と呼ばれていました。
毛が白黒なので、写真はカラーでもモノクロでも同じようなものですが、瞳の色だけは緑です。
性格は少しビビリで隠れるのが好きですが、馴れた人には甘えて近寄ってきます。

Img_0333

前の飼い主さんは引越し先でペットが飼えないために手放すことになって、里親探しの団体に預けられていたのです。
ところが同期の仲間たちが次々にもらわれていく中で、独りだけ取り残されてしまったような状態でした。
それは1つだけ生まれつきのハンデがあったからでした。

Img_0363

彼は尿道が普通の猫より狭くなっているために尿路結石が出来やすい体質であり、既に一度罹患していました。
一般にはFLUTD(猫下部尿路疾患)といわれているようです。
再発を防ぐためには、尿のpHを弱酸性に保ち、エサはマグネシュウムやリンが極力少ないものでなければならないので、高価で特別な処方食に限られてしまうのでした。
ペットショップやホームセンターで売っている一般のエサは全てダメだったのです。

Img_0338

食事以外での予防法としては、水分を十分に取って運動不足にならないようにすることです。
この運動不足という点では外飼いや野良猫が有利であり、彼らには罹患する心配はないのですが、外の世界を知らずに育った猫は室内で生きていくしかないのです。
また、外は病気の感染や交通事故などのリスクが大きいので、外に出すメリットは殆どありません。

Img_0406

そこで、猫に特に大事な上下運動がいつでも自然にできるように、ゲージを4段にしてキャットタワータイプにしました。
1階はトイレと爪とぎ、2階はクッションのベッド、3階はエサと水飲み場、4階はダンボールの隠れ家、といった具合になっています。
既製品を買うと高いので、余った材料などを利用して日曜大工で自作しました。
そのため見栄えがあまり良くないので写真は控えています。

Img_0344

« 桜と馬とカエルの街 | トップページ | 蕪島のウミネコ »

」カテゴリの記事

コメント

目がきれいな猫!口の下の斑もチャームポイントでしょうか?

sustenaさん
有難うございます。室内飼いの猫は割と目がきれいです。
逆にノラ猫にはおめめぱっちりタイプは少ないですね。
薄目がちだったり目やにで汚れていたりすることが多いです。
サバイバルで苦労しているためでしょうか。
今は小さな息子が増えたような気がして、親バカモードになっています。

こんなに手のかかる猫ちゃんだったのですね。
そういう事情では、ほかの人はとても引き取る気にはならないでしょう。
Lucianさんは偉いですね。
家族にはもう白状したのでしょうか?
陰ながら応援したいと思います。
(どうやって?)

esikoさん
家族はとっくに気づいていて、わざと知らないふりをしています。
それをいいことにばれてないふりをしています。
これにて一件落着のようですが、急な出張などの時などはペットホテルに預けることになるかもしれません。
放っておいても強く生きていけるような子よりも、自分を頼らないと生きられない子の方が愛着を感じるし、育て甲斐があるような気がします。

こりゃじゃ、親ばかにもなりますね。かわいい。うちの犬も、特殊フード限定という病気をして、それは苦労でもあり、お金のかかることでもありましたけど、それで可愛さが減じることはまったくありませんでした。不思議なものですね。ENJOY!

ジョバンニというと宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」の主人公と同じですね。確か本のカバーに猫が描かれているのが多い気がします。はっきりとした目がいいですね。グリーンの瞳とその周りの薄いグリーンが、深い銀河系のようです。あごひげみたいな所もどこか文学をたしなむような感じの顔です(^^;

いろいろあるみたいですが、生きものは何を飼ってもいろいろあると思いますので、健康に気をつけて可愛がってください。
田舎に帰ったら猫がいましたが、遠目で観察されて寄りつかなかったので残念でした。慣れてくれるだけでありがたい事だと思います(^^;…

nuts-coさん
他にも猫はいっぱいいたのですが、選ぶ決め手がありませんでした。
見かけた時からずっと気にかかっていたのがこのジョバンニだったので、何かの縁だと思って譲り受けることにしました。
きっと福を招く猫に違いありません。

ねねここさん
「銀河鉄道の夜」のジョバンニとカムパネルラは猫の姿として描かれているようですね。
人間としての風貌を特定しないほうがいいという配慮かもしれません。
こちらのジョバンニは、昼はほとんど動かずじっとしていて、夜は歌いながら部屋の中を散歩します。
不思議な性格です。


かわいいなあ。あごのところの黒ぽっちも愛嬌があっていいなあ。
名前がジョバンニというのもいかにも奥州の欧州風で、いい名前もらいましたねえ。
目の色の緑色もシックですね。
うん、いい猫だ。

Cakeaterさん
けっこう美猫でしょ。去勢しているので男前といえるかどうかは不明ですが(笑)。
昨日、猫ケージに5階フロアを増設しました。
出入り口もそこだけにして、さらに上下運動に励んでもらうようにしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/33770048

この記事へのトラックバック一覧です: お披露目:

« 桜と馬とカエルの街 | トップページ | 蕪島のウミネコ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ