« 犬猫譲渡会 | トップページ | お披露目 »

桜と馬とカエルの街

 
これは本州で最後の桜かもしれません。
日本の道100選の1つ、十和田市の官庁街通りです。

P1010709

P1010783

 
馬とカエルの像が、噴水とブロンズの2ヶ所にありました。
ここは馬産地なので馬は分かりますが、カエルは意味不明でした。
調べてみると、「カエル・ジャンピオン・ジャパンカップ」という日本唯一のユニークなカエルの競技大会が開催される町だったことがわかりました。

P1010639_2

P1010700

P5040530

 
歩道には鏡のようなツインのベンチもいくつかありました。

P1010749

P1010779

 
この通りは別名を「駒街道」とも呼ぶので、交差点にはシンボルとして、チェスの駒をイメージしたポールもありました。

P1010682

P1010688

 
連休最後の日が満開で散り始めだったようです。

P5040641

LX3

« 犬猫譲渡会 | トップページ | お披露目 »

風景」カテゴリの記事

コメント

鏡のようなベンチ、おしゃれですね! 散った花びらがためいきモノです。十和田市の美術館、去年青森に行ったときにぜひ行きたかったのですが、立ち寄れませんでした。行ってみたいなぁ。

sustenaさん
ベンチは鏡面処理したステンレス製でした。腰掛けるより眺めるほうが楽しいタイプです。
現代美術館は大変混んでいて、長い行列だったのでこの日はパスしました。
館外に野外芸術文化ゾーンが設けられていて、こちらは自由に見学できました。


こんにちは。
うちのあたりも遅い種類の桜はわずかに残っていますが、十和田市はGW最後が満開だったのですね。
十和田湖は何回か行ったことがありますが、十和田市って・・・歩いた記憶がありません。
Lucianさんの腕が良いので桜がより上品にゴージャスに見えます。
今年最後のお花見を、ここでさせて貰いました。
人力車まであるということは、お花見の名所になっているんでしょうか?

esikoさん
桜の写真は上を見上げたものが多いですが、普通に撮ったのは人が大勢入っているのでアップを遠慮しました。
ここは両側の歩道1.1キロに、156本の桜の木が植えられていて、桜の名所のひとつです。
でも歩道で花見の宴会はできないので、隣の公園でやっていました。
今年は開花とGWが重なったので、大勢の人出で賑わったようです。
十和田市に立ち寄ったときはここを観ればそれだけでもOKです。
同じ場所に現代美術館もあります。

鏡のベンチは、ほんとうに横に立って眺めるのが一番よさそう。でも、これに座ると花の中にいるような気分になるかもしれませんね。カエルに顔を寄せる馬が、優しげですね。桜前線の話題を聞くたび、日本列島の長さをつくづく思います。

nuts-coさん
このベンチはとても印象的でした。
見下ろして上の桜を見るのもいいものです。
すぐ近くに現代美術館があるので、その関連で作ったのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/34520741

この記事へのトラックバック一覧です: 桜と馬とカエルの街:

« 犬猫譲渡会 | トップページ | お披露目 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ