« グルメなカモメ | トップページ | 子猫ふたたび ・ その3 »

鳥の目

 
鳥類や爬虫類の目には瞬膜と呼ばれる半透明の膜があります。
まぶたと眼球の間にあって目を保護するもので、左右に開閉します。
水に潜ったり、高速飛行をする時などに目を覆います。
哺乳類は退化していますが、犬や猫にもあります。まつ毛が少ないためかもしれません。
これはカモメの普段の目です。

Img_0241

 
これが瞬膜を閉じたところです。水中から上がってきたばかりなのでまだ開いていないようです。

P8024515

 
半分開けたところです。顔の中心から外側に閉じていくのが分かります。

P8024516

P8024523

 
これはカラスの通常の状態です。

P8024527

 
瞬膜を閉じたところです。
カラスは特に必要性がないような時でもよく閉じることがあります。

P8024528

« グルメなカモメ | トップページ | 子猫ふたたび ・ その3 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
静止した鳥を撮るだけでも大変なのに、この「瞬膜」とやら見えるのと見えないのとの違いまで撮るなんて、なんぼLucianさんでも凄すぎです!
言われてみれば見たこと有るような・・・でしたが、「瞬膜」ですね、覚えました。
自信はありませんけど・・・。
それにしても、ズームで鳥をこんなに鮮明に撮れるなんて、やはり鳥に危険を感知させないLucianさんならではの写真だと思います。
素晴らしい!!

esikoさん

最初は何だか分からなかったので、病気だろうかなどと想像したものです。
後になって調べて理解できたのでまとめてみました。
文字だけで説明するよりも写真だと、「百聞は一見に如かず」みたいでわかりやすいかと思いました。

あ、そうだったのか。瞬膜って言葉は覚えていたけど、時々からすの目がみょうな青い色に写るのがそうだったなんて、思い出しもしなかった。
座頭市ごっこやってたんですね、カラスも。

Cakeaterさん

今考えると、カラスは威嚇の手段の一つとしてもこれを使っているふしがあるような気がします。
犬や猫の鳴き声をマネする知能があるくらいなので、やりかねないですね。

瞬膜とか見たことがないのでしりませんでした。たぶん怖い目してるなと思った時がそうなのかもしれません。
猫とかはなんとなく白っぽい幕みたいなのはあるなと思っていましたが、動物はすごいですね。人間は進化してるようで、退化もしてますね(^^;…

ねねここさん

カラスのは時々見ることはありましたが、それ以外の鳥は殆ど見たことがなかったです。
撮ろうと思って簡単に撮れるものではないのですが、偶然写っている画像があったのでアップできました。
猫は睡眠中に閉じているので、まぶたと合わせて2重にガードしているようです。

以前写真展でカワセミの瞬膜の写真があって、第3の瞼と表現してあって、えっ第2は??と悩んだんですが、なんのことはない、上瞼と舌瞼が第1と第2でした。
なので、ものすごく興味深く拝見しました。

sustenaさん

狙ったわけではないので、鳥の写真を2万枚位撮って瞬膜のはこれくらいです。
そういう意味では珍しいシーンかもしれないですね。
偶然の産物に感謝しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/29727530

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥の目:

« グルメなカモメ | トップページ | 子猫ふたたび ・ その3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ