« 秋の散歩道 | トップページ | ヤンマトンボ »

田んぼアート 2011

 

自宅から数キロ先に1か所だけ、毎年田んぼアートをやっているところがある。
今年はNHKのキャラクターらしい。
  

R0021279

 

 
農家が個人的にやっているようで、ここのすぐ隣は牛舎だった。
 

R0021273

 

 
周辺を入れるとこんな感じ。 
 

R0021275

 

 

今年は蕎麦を植えている所が急に増えていて、去年までの3倍くらいになったような気がする。
  

R0021298

 
 

R0021300

 
 

R0021301

 
 

R0021299

 

 
栗は豊作になりそうなもののまだ青かった。
  

R0021360

 
 

R0021368

« 秋の散歩道 | トップページ | ヤンマトンボ »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

これが2012なら、年賀状用なんだとわかるんだけどなあ。
クリスマスカード用かなlol.

時々こんな田んぼの様子が報道されますよね?
物凄く手の込んだものを見ると感心します!
植える前に縄張りしてデッサンするんですかね・・・
蕎麦がこんなに植えてあるなんて・・・・・
Lucianさんは岩手か、山形の方ですか?

Cakeaterさん
前回見たのは2009年でホルスタインでした。http://familiarsight.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-f229.html
去年は忘れて見なかったのですが、多分、寅(虎)だったろうと思います。
やっぱり虎でしたね。http://www.nobi.or.jp/tanbo/tohoku/hashikami/20100719.html
ここは干支にちなんだものがテーマなようです。

るーちゃん、こんばんは。
そうです。ロープを縦横で等間隔に張って、書いてある記号に対応した色の稲を植えていきます。
XY座標の記号はPCで絵の上に書き込みます。
私は岩手ですよ。津波の被災地にもなっています。

こんばんは。
稲の色の濃いところが、これほど色の違うものがあるのかと、いつも驚きます。 手に取ったことがありません。
干支に因むものなら、Cakeaterさんのご指摘通り、わたしも一年前倒しが良いのではないかと思いますが、
苗から育てて刈り取る方達には、今年の作業の象徴ですものね。 込めた想いは異なるものなのでしょう。

iwamotoさん こんばんは。
ここは普段あまり通らない所にあるので、偶然見かけないと田んぼアートのことを忘れてしまいます。
稲の色は手に取ったことがないのでよく分かりません。田んぼの中に入るわけにも行きませんしね。
干支のことは最近気がつきました。ネタを決めやすくていいと思います。
去年のも見たくなったので捜しました。やはり虎でした。
http://www.nobi.or.jp/tanbo/tohoku/hashikami/20100719.html

田んぼアートは良くできていますね。
すべて稲だとすれば、茶色の部分は赤米とか古代米でしょうか??
蕎麦の花は近くでよく見た事が無かったですが、可憐で綺麗ですね。
米は作っても安いだけで儲からないので、違う物を作る農家は増えていると思います。

そういえば野田総理はドジョウで売っていますが、ドジョウは泥臭いだけではなくて、
田んぼとかの土壌を綺麗にする力があるので、東北の土壌を綺麗にして欲しいです(^^;…

ねねここさん
茶色のところは赤米でしょうね。例年だと田んぼ全体を使った大きな絵が多いようですが、今年は震災に配慮してコンパクトにしたのかもしれません。
後で調べたら、この町にはあと1つは田んぼアートがありそうなので見つけてみたいと思っています。
蕎麦も今までは隣町でしか植えていなかったのですが、今年は何故か増えているので不思議です。
転作の作物として人気が出てきたのでしょうか。
土壌汚染については、どこまでが安全でどこからが危険なのかを、最終的には自分で見極めて判断するようにすべきではないかと思います。流言飛語や政府の見解等に惑わされない見識を持つようにすることですね。

こんばんは。
田んぼアートは、ニュースの映像でしか見たことがありません。
はっきり覚えているのは、数年前のアテルイでした。
稲の種類が違うだけで絵になるなんてと驚いたものです。
ウサジイとドーモ君も可愛いし、素晴らしい出来ですね。
近くだったら見に行ったと思います。
蕎麦の植え付けですが、うちのあたりは反対に去年よりずっと減っています。
去年撮った場所に張り切って行ってみたら、全然植え付けされていませんでした。
何か理由があるのでしょうかね。

esikoさん、こんばんは。
たまたま近くにあったのでラッキーでした。
来年は辰(竜)がテーマなので、忘れずに見ようと思っています。
蕎麦は痩せ地で肥料が少なくても栽培できるので始めやすいと思いますが、その時の需要や採算もあるので個人の問題なんでしょうね。

にてないところがかわいいです~。ソバの花はやはりこれくらいあると迫力。生命力が強いんだなをと、タネを数粒まいて実感しました。

sustenaさん
本物をしばらく見てないので似てないのかどうかピンときませんでした。
蕎麦はここで突然ブームになったのかと思うくらい増えました。
理由はまだ分かりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/41506007

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼアート 2011:

« 秋の散歩道 | トップページ | ヤンマトンボ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ