« 大五郎 | トップページ | 柿の木 »

駅にいる猫

 
ある駅に三毛猫が1匹いた。どうやらここを生活の拠点にしているらしい。
人懐っこいので利用客の間では人気者で、猫好きや中高生にいつも可愛がられている。
そういう意味では、この駅のイメージアップに貢献する「招き猫」的存在でもある。
 
一方で、駅サイドではこの人気者の処遇に頭を痛めているとのことだった。
改札口を無断で通り抜けてホームに出入りし、可愛がってくれる人を見送ったりするのだが、女子高生の中には猫との触れ合いに夢中になって列車に乗り遅れそうになるなどの実害もある。

 


Dscf1696_r
 
 


Dscf1715_r
 
 

Dscf1722_r
 
 
 
 
駅舎の外で写真を撮っていたら、客待ちのタクシー運転手が話しかけてきた。
 
「この猫が気に入ったんなら連れて帰ってくれない? (居着かれて)駅では困っているんだ。」
 
「う~ん…。うちでは既に1匹いて、仲良くできるか分からないので無理かな。」
 
そう言って断った。
もし仮に連れて帰ったとして、必要な手続きがどれくらいあるか試算してみよう。
 
感染症予防のため、先住猫とはとりあえず隔離して置く。当然のことであるが、完全室内飼いになる。
次に、動物病院で健康診断に約10000円、ワクチン接種(5種混合)約7000円、避妊手術(♀)約30000円。
初期費用に最低これくらいは必要になる。
もし仮に、猫エイズや猫白血病に感染していれば、ずっと隔離しておかなければならない。
寄生虫がいる確率は高いので、駆虫の処置は考えられる。
また、うちの先住猫は私が引き取る前に尿路結石を2度罹患しているので、特別療養食の餌を与え続けなければならない。
定価は4kgで8000円、楽天の最安値でも今なら5000円はする。魚沼産コシヒカリよりも高いのである。
新入りは普通のでいいとしても、別々の餌を与えるなど工夫が必要になる。
という具合に、大変重大な決意を必要とするわけで、簡単に引き取ることはできないのだった。
  
 


Pb110011_r 
 

Dscf1712_r
 
 

Dscf1709_r
 
 
 

猫に訊いてみた。「どうしてここにいるの?」
 
「だって魚の名前が付いていて美味しそうだニャー。」

 

Dscf1716_r
 
 
 
 
Pb110024_r_2
 
 
 

確かにそうかもしれない。デカイのもいる…。
 
 
 
Dscf1726_r
 
 

Pb110002_r


« 大五郎 | トップページ | 柿の木 »

」カテゴリの記事

コメント

Lucianさん、こんばんは。
冷静に考えてみると、そういうことになるんですね。
ハイハイとお気軽に連れ帰るわけにはいかないことがよくわかりました。
動物を飼うときは責任を持って・・・なんですよね。
うちの犬の餌をかすめ取っていたネコに、犬亡きあとも外で餌を与え続けている私は失格です。
どうしたらいいかと頭を悩ませていたら、飼ってもいいと言った人がいたのですが
そうなったらそうなったで寂しい気もするんですが・・・。
この駅のネコは、やはり駅関係者にとっては迷惑なのだと思います。

近くに「青梅市」という古い街があります。 駅の近所に「鉄道公園」という施設があります。
そこに薄い色の三毛ちゃんがいて、とても人懐っこくて、良い子でした。
あるとき、この施設の「園長」という職を得ました。 その後行ってないのですが、今度様子を見てきます。
1年くらい前、「青梅鉄道公園」というタイトルで記事にしました。
そこに「0系」が置いてあります。 ボコボコじゃないかもしれません。 屋外展示ですけど。

アミの避妊手術ですが、半額補助を受けています。 そのような支援団体があります。

「外で餌やり」だけという場合でも、病気への対応と避妊手術ができると良いですよね。

こんにちは。
可愛らしいネコちゃんですね。
駅を利用する方にとっても可愛がられてるんでしょうね。
でも、可愛い!だけじゃ、そう簡単に連れて帰れないのはすごく良く分かります。
うちの近所にも野良猫がいるんですけど・・・
お腹がすいたような声で寄ってくるんですけど。
でも、エサをあげると、これからの事を考えてしまうので
軽はずみな事はできないかなって思って。
連れて帰って飼ってあげたい気持ちはあるんですけどね。
駅にいると駅員さんたちもどうしていいか悩まれてると思います。
可愛いんですけどね・・・

esikoさん、こんばんは。
ルールとモラルを守らないと、周囲に迷惑をかけたり猫を不幸にしたりしてしまいますね。
餌だけやっていると、どんどん増えてしまうので大変です。
大勢の猫に近所の庭をトイレ代わりにされたりすることになります。
春先まで親しんでいた港に住む猫たちは、住宅地とは離れた地域だったのでそういう心配はなかったです。
漁師たちは猫が魚を待っていてくれるので、縁起がいいと言って可愛がっていました。
津波で全滅しましたが、1匹でも生き残っていないかと今でも捜してしまいます。


iwamotoさん、こんばんは。
「薄い色の三毛」ということは、キジ三毛ですね。個人的には今まで三毛猫に縁がなかったので珍しく感じています。
このミケも世話をする人が駅にいれば、名誉駅長にでも就任してもらって招き猫業を続けられるかもしれませんが、売店もないくらいの小さな駅なので、そういう余裕はないと思います。
具体的な問題解決案としては、動物愛護団体に登録して里親探しをしながら、一時預りのボランティアに保護をお願いすることでしょう。

いちごさん、こんばんは。
人懐っこい猫は、人から可愛いと思われることを武器にして生きているんじゃないかと感じることがあります。
その誘惑と闘う人間の方もたいへんですね。
元々、猫は人間が必要だから連れてきて飼い始めたわけで、野生の猫というのはないんですね。
連れて帰って飼うということは、家族の一員として迎えることであり、一生面倒を見ることなので、それなりの決意が必要になります。

お早うございます。
風景としては微笑ましいのですが・・・色々難しい問題を抱えていますね?
宮城の宮戸島は猫の島として有名で・・・島中が猫だらけ・・・
わざわざ、観光船で訪れる人まで沢山いるそうです・・・・
島の老人が猫に餌を与えて・・・・
島全体が猫の家なんですね??

るーちゃん、こんばんは。
宮戸島は知りませんでしたが、田代島は知っています。
猫たちは山の高い方に逃げて無事だったそうですが、宮戸島はどうだったのか情報が殆どありません。
島に限らず、漁師たちは猫が大漁を呼ぶと信じているのでとても寛容です。
飼い主のいない犬や猫の問題は、人間社会が自ら蒔いた種を刈り取っているようなものですね。

見た感じはそこそこ大人みたいですが、三毛猫柄が綺麗な方だと思います。
たぶん、オスの三毛猫は少なくなって貴重だから高かった気がします?
去勢しないで里親をさがして、どこかで引き取るといいかもしれませんね。
毛並みも綺麗な方だし、被災者猫かもしれませんし…

ねねここさん
三毛猫のオスが生まれる確率は3万分の1だそうですから、宝くじで100万円当たるのと同じくらい少ないことになりますね。
もしこの子がオスなら新聞記事になってもいいくらいなので、記事にしてもらって有名になれば里親はすぐ見つかるでしょう。
それもまた夢のような話ですが…。
南北に走る線路のすぐ東側まで津波が来ていたので、被災猫の可能性も十分あります。
招き猫の柄は三毛なので、駅は恩恵も受けていると思いたいです。

駅に自由に出入りさせているだけでいいのにね。
要するに駅のスタッフ、特に駅長あたりがそれほど猫好きじゃあないということでしょう。
鉄道は古今東西、猫の管理下にあるようなもんです。lololol.
今週ずっと新幹線大井基地に入ってたけれど、あちらこちらと猫の影。働いてる人間は食べ物もってないのを知ってるから近づいてこないけど。線路は猫の這い出るすきまもないほどに、テロ対策ですきまをふさいでいるのに、いるんですね。腹がぺっちゃんこでもないようなんで、やはりネズミでもいるのなかな。それとも昆虫を食べてるトカゲ類を蛇と競争で餌にしてるのかなあなんて思ってます。
東日本の在来線だと、線路、停留所のどこも猫の生活圏です。

Cakeaterさん
今日も行ってみたら、駅舎の入り口の外にたたずんでいました。
撫でられるのは好きなようですが、抱っこは人を選ぶかもしれないと感じました。
♂♀を確かめようとしたので警戒されたのもあるようです。
やっぱり女の子でした。何を食べているのか分かりませんが、誰かに餌を貰っている様子はなかったですね。

うーん、やっぱり気軽に駅長さんにするわけにはいかないんですねぇ。猫好きのところには猫の話がよく持ち込まれるようで、地域の仲間とのMLでも、この子をもらってくださーいという写真が愛猫家からよく流れています。

sustenaさん
改札を通り抜ける猫に対して、駅員さんが声がけして制止しようとしても無視されるので、業務上の理由で困っている様子が窺えました。
猫好きで世話をする人が駅にいないのも問題のようです。
駅長に迎えるほどの大きな駅でもない?のもありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/43072175

この記事へのトラックバック一覧です: 駅にいる猫:

« 大五郎 | トップページ | 柿の木 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ