« 金の窓 | トップページ | 新年の使者 »

月食の夜空

 
 

 
皆既月食の写真はピント合せなどがうまくできずに失敗したことが分かったので、見て楽しむだけにした。
そのついでに星空の様子を写してみた。実はこれが初めての試みだったので、ちょっと興味があった。
露光時間を15秒、30秒と延ばしていくと、月は月食で暗いのに満月のように明るくなる。
その代わりに星が明るく写るようになって、肉眼よりも多く見えるようになった。
これはけっこう面白く感じたので今後もトライしてみたいと思う。
 
(画面をクリックすると大きくなります) 

 
R0021858_r
 
 
 

R0021859_r
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


« 金の窓 | トップページ | 新年の使者 »

風景」カテゴリの記事

コメント

画角としては1枚目の方がいろいろ見えて楽しいですね。
ベテルギウスは赤く見えてるし、 M42はもうひとつですが、M45は明らかに形が分かります。
左側ギリギリに見えるのはポルックスとプロキオンでしょうか、これを狙っていれたのならスゴいです。
オリオンが全部入ったら良かったですね。

こんにちは。
月食、撮られたんですね。
私は、外にいる間寒くて寒くて・・・痛いくらいの寒さでした。
でも、神秘的な月食は見る事が出来ました。
Lucianさんの夜空の星・・・素敵ですね。
こんなにたくさんの星がいつも出ているんですよね。
たまには夜空を見上げて星を眺めてみようかなって思います。

よく写ってますねえ。ぼくは、CX2の300mmで夕方の満月を撮って、赤いのに、真っ白に写ってるので、あきらめて寝てしまいました。
というより、焼き鳥でワイン飲んで、外に出るのを忘れてしまったのです。lololol
(3週間ぶりのアルコールは効きますねえ)
そうか、GX200なら、100と同じで3分までの露光ができるんだから、やってみるのだった。残念。

iwamotoさん
1枚目は24ミリ、2枚目が75ミリくらいです。液晶モニターは暗いのでやっと月の位置を確認できた程度でした。
星の位置を考えて画角内に入れるには経験が必要なので今のところは無理です。
データを確認するとそれぞれ、ISO100・F2.9・15秒、ISO100・F5・15秒、となっていました。
このカメラの露光時間は180秒まで出来ることから、ISO200にすればこれらの24倍集光できるので、天の川も写せる可能性があります。

いちごさん、こんばんは。
せっかく寒い中を外に出たので、月がダメなら星を、ということにしました。
でもその場の思い付きだったので、準備不足でお試し程度になってしまいました。
星空は裸眼で眺めても楽しめますが、7倍くらいの双眼鏡があると青雲も観察できますよ。
大きく見るためというより、光を集めて明るく見るためです。

Cakeaterさん
GXのマニュアル露光なんてやったことがなかったので、シャッタースピードの変更方法をど忘れして30秒止まりでした。
3分までやれば、自分の写真史に新しい地平が開けそうです。
でもISOを100以上に上げたことがないので、ノイズがどれくらい出るのか分からないのが不安です。

わたしが断念した月の替わりに星空を・・・・・??
みんな同じに見えて何が何だか分かりませんが兎に角凄いです。
わたしには天文写真は向いていないことが分かりましたので
地上の日中のみを対象とすることにします。(゜◇゜)ガーン

えーと、200の場合はマニュアルにダイヤルをあわせると、
金というかオレンジ文字で
F2.5
1/8
と出ます。
そうしたら、ADJダイヤルを回せば、180Sまで設定できます。
15Sで撮ってるだけども、すごいなあ、です。
すでに思い出していましたら失礼。lololol

るーちゃん、こんばんは。
怪我の功名というか、何も撮らずに引き上げるのも勿体ないと思ったのでした。
もっと時間を長くして明るくすれば星がもっと沢山写りそうな気がします。
やってみると意外なところから面白そうなことを発見するものですね。

Cakeaterさん、どうもです。
取説をやっと見つけて確認したところです。後の祭りですが次回から役立ちます。
100と200は操作方法も変わってないようですね。
180秒というGRDとGXだけのメリットを使わない手はないです。

Lucianさん、こんばんは。
星空が綺麗に撮れていますね。
私は毎晩寝る前に夜空を見上げるのが習慣で、勿論田舎暮らしで
余計な照明が無いためにとっても綺麗に見えています。
でも、月を見て写真をと思ったことはありますが、星は流星群の時しか思ったことがありません。
Lucianさんのところも夜空の星がいつも綺麗に見えてるんでしょうね。

esikoさん、こんばんは。
夜11時過ぎから深夜にかけて、家の灯りが少なくなるので星空がきれいに見えるようになります。
特に冬は空気が澄んでいるので見えやすくなるようですね。
今回の月食の時はこれらの条件が偶然そろっていました。
昔、フィルムカメラで星空を撮ったら、街灯や住宅の蛍光灯などの影響で空が緑色の黒板のようになってしまったので、それ以後は撮っていませんでした。
灯りのない山奥にでも行かないとダメだろうと思ったからです。
でもデジカメで長時間露光のできるカメラなら、山奥に行かなくてもリベンジできそうな気がします。

やはりマニュアル撮影で露光が長くできるといいですね。
星がここまで綺麗に撮れると楽しそうです。
地平線や山並みなども入れて撮ると幻想的になりそうですね…

ねねここさん
マニュアルで3分まで露光できるのはGRDとGXだけだったと思います。
簡単に出来そうですが、気象条件などが整わないと難しいのが難点です。
晴れていて人工照明と月明かりがなく、雲が少なく空気が澄んでいる時、というと実際には滅多にないんですね。
山奥に行けば天気だけの問題になりますが、実行するには気合が必要です。
今、チャンスを窺っているところです。

どうしても夜更かししてしまいます。 毎年のように、元旦を過ぎて目が覚めました(笑)
日の上がった元日からのスタートです。 どうも、きのうは師走の喧噪も感じられず、きょうも正月と言っても静かな様子。
お囃子が通って、アミがそれを嫌がり隠れてしまいました。
そちらのお正月は、どんな感じですか。 日の出は見られましたか?

iwamotoさん
天気予報では元旦の日の出は曇で無理だろうというので油断してゆっくり寝ていたら、雲ひとつない快晴だったと聞いてすごく後悔しています。
予報は半日ずれて当たりました。
とても静かな正月です。海岸に行ったら、防寒着を着て釣りをする人と、サーフィンをした後で海パン一丁でバケツの冷水をシャワー代わりに被る人の対比が面白かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/43342535

この記事へのトラックバック一覧です: 月食の夜空:

« 金の窓 | トップページ | 新年の使者 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ