« 月食の夜空 | トップページ | 春の開通をめざして »

新年の使者

 
 
毎年、年末頃になると越冬にやって来る冬鳥にコクガンがいる。絶滅危惧II類で天然記念物でもある。
20年位前までは本州最北端の青森県陸奥湾が南限だったが、それ以後は北東北まで群が南下するようになったらしい。
少数の個体はもっと南まで行くものもあるようだ。体長はカルガモとほぼ同じで61cm。
 
岩手県では、ここ(洋野町)種市海岸と陸前高田市の2ヵ所だけに群で飛来するとのことで、観察記録は貴重である。
岩礁についた海藻などを食べるので、津波で洗われてしまった海岸に今年も来るのかどうか危ぶまれたが、幸いにも今回も確認できたのはうれしい。
 

 
P2211013_r


Img_0923_r


Img_1035_r


Img_1060_r


Img_1082_r


 
 
 
 
 
 

« 月食の夜空 | トップページ | 春の開通をめざして »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
これが「コクガン」ですか。 よく分かりません(笑)
昔からの疑問で、越冬に来るならもっと暖かいところへ行けば良いのに、と思うのですが、そういうものではないのでしょう。 環境が変わり過ぎると、生活できないということですね。
ガンはグース? アヒルはダック? この辺も見分けがつかずに、何だか口を閉ざしてしまう分野です。

で、ご心配になっている「食べ物」は大丈夫だったということでしょうか。

ラップランドの「ニルス」はガチョウに乗って旅をしますよね、ガンの群れと。 ここからして難しいのです、その2種が区別できないと、あの話は分かりません。 わたしには、ひとつの挫折です(笑)
それにしても、飛行機の無い時代(?)に、想像だけで上空からの景色を描写した能力には敬服でした。

iwamotoさん、こんばんは。
ガンカモ目ガンカモ科といわれるくらいですからガンとカモは親戚みたいなものでしょう。
アヒルはマガモの家禽化なので鴨です。
コクガンは冬鳥として紹介していますので、定義は冬を日本で過ごす鳥です。
もっと暖かい南国に渡る鳥は旅鳥といって、シギ、チドリ類です。春と秋に日本に立ち寄ります。
平均すると冬鳥は旅鳥の2倍の大きさになるので、長旅には不利なので近場の日本を選んだのではないでしょうか。
人間に例えると、渡航費と滞在費を現地で稼ぎながら旅に出るようなものですから、身の丈にあった選択が必要なのでしょう。

あれ?・・・あ、そうか、コメントを書いただけで、送信を忘れたのか。
というので、改めて
あけましておめでとうございます。
寒そうだけど、おいしそうな鴨の写真おめでたいですねえ。
緯度的にも気温が低いのに、さらに冬の海辺、風邪などひかぬようお気をつけください。
ことしもよろしくお願いいたします。

Cakeaterさん
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
おいしそうに見えますか?
雁の家禽化はガチョウなので、ガチョウの味がするんでしょうか。
彼らは凍らない海なら寒さは問題ないようです。

新年のご挨拶を申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。

コクガン、天然記念物なんですね。
私、初めて拝見しました。
津波で洗われてしまった海岸に今年も来てくれたんですね。
なんだかとっても嬉しいですね。
今年も、Lucianさんの素敵なお写真たくさん見せてくださいね。

1枚目、なんだか夢の絵のような、童話でも始まりそうなそんな感じがしました。

いちごさん、おはようございます。
20kmの海岸線の中に3つの飛来ポイントがありましたが、今回はそのうちの1つだけで確認できました。
それだけでもラッキーだったと思います。
60羽くらいのグループでした。
人に対する警戒心が強いので、接近するのは難しいです。

sustenaさん
「ニルスの不思議な旅」で、ニルスが一緒に空を飛んだガンの群れですよ。
彼らは津波の後まで日本に滞在していて、夏にシベリアに帰りましたが、また戻ってきてくれました。

Cakeaterさんも書かれていますが、私もアレ?です。
昨日、確かに書いて送信したはずなのですが、今日見たらありませんでした。
どうしたんでしょう・・・。

で、コクガンですが、陸前高田のほうには飛来したのでしょうか?
なんだかそれが気になってなりません。
海の環境がすっかり変わってしまったので、もしかしたら飛来してないかもしれませんね。
気仙沼では、例年今頃見られる河口付近の川に、白鳥がいませんでした。
どこか別の場所に来てればいいなあと思って通ってきました。

esikoさん、こんばんは。
陸前高田の情報はないので分かりませんが、もし餌場がダメでも松島湾に移るので大丈夫でしょう。
そこが混んでいればさらに南下して行くようです。
南の新天地は切り札として残してあるのでしょう。
海底や川底の環境が大きく変わったので、飛来場所もしばらく混乱するかもしれませんね。

Lucianさん、お目出度うございます。
寒がりの私にはコク雁さんの姿が寒そうに見えます・・・・・
寒くないんですかね?
私は、暖房の効いた部屋で炬燵に入って丸くなり写真も撮っていません!!

暑いのも、肥満で弱いんですけどね・・・まるでダメじゃん!!

るーちゃん、こんばんは。
本年もよろしくお願い致します。
防水兼撥水性のダウンジャケットを着ているようなものですから、濡れないし羽に空気の層があるので寒くないのです。
シベリアから来るのは凍らない海を求めているからで、寒さを避けるためではないようです。
寒さに耐えられるように進化してるんでしょうね。
ロシア人は冬は寒いとはいわずに、正確な体感温度を数字で言うそうです。
寒さの範囲があまりにも広すぎるので、形容詞よりも数字で表現する方が実感にあっているようです。

遅くなりましたが本年も宜しくお願い致します。

コクガンは1枚目の手前にいる鴨と比べると全く違う存在感です。
首の白いラインもオシャレで特別な感じですね。
白と黒なのでどこか都会的な感じもして、
カッコいいエグザイルみたいな集団です(^^;…

ねねここさん
モノクロで撮っても違和感がない感じですね。
野性的でスタイリッシュな姿は、渡りをやめたカルガモとは格が違うのかもしれません。
群れで飛ぶ時も、編隊飛行をしない点がユニークです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/43587677

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の使者:

« 月食の夜空 | トップページ | 春の開通をめざして »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ