« スズガモ | トップページ | 日本の白鳥 #1 »

白鳥の行列

 

いつもは川面にいるオオハクチョウが岸に上がって歩いていた。
餌づけに慣れてしまっているので、人を見ると集まってくるようになった。
たまには上陸することもあるようで、並んで歩いていた。

 

 

Dscf1761_r

 

 

 

Dscf1751_r

 

 

 

 

Dscf1758_r

 

 

 

食べ物に見えたのか、カメラを注目して顔を近づけてきた。
そしてついに手を噛まれてしまった。大きな洗濯バサミのような感触だった。

 

 

Dscf1776_r

 

 


Dscf1779_r

 

 

 

Dscf1783_r

 

 

 

 

 

 

 




 

« スズガモ | トップページ | 日本の白鳥 #1 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
白鳥ってこんなに近くで見た事ありません
私、一枚目のお写真拝見した瞬間・・・
本物ではないのかと思いました。
すごく人に懐いていて寄ってくるんですね。
下から3枚目の白鳥!すごく表情がいいですね。
私も近くでみたいなぁ~!

白鳥は大きな鳥ですからこんなに近寄ってくると怖いモノですね?
エサと間違って手をかまれたとか・・・・痛そう!!
私なら逃げ出しますね・・・・・∈^0^∋

いちごさん、こんばんは。
長年にわたって餌付けをしてきたので、人を見ると近づくのが条件反射になっているみたいです。
そのため、何もくれないと分かると回れ右で離れて行きます。これも習性になっています。
ひょうきんでげんきんなところもかわいいです。

るーちゃん、こんばんは。
私の動物写真術は相手の懐に飛び込んでいくことなので、種類に関係なくできるだけ近くに寄ります。
同じ目線の高さで撮ると、仲間になれるような気がするのです。
子育て中の親鳥だと怒られますが。

こんばんは。
いちごさんが仰るように作り物みたいですね。 言わせてもらえば、出来の悪い作り物(笑)
形にしなやかさが感じられないからだと思われます。 特に首でしょうか。
間接の少ないロボットのようですね。 でも、ハッキリ見たことがないものですし、陸を歩いているのも、
殆ど記憶にありません。 だから、勝手な思い込みと照らし合わせて言っているだけです。
脚の運び方など、どうなのでしょう。 かなり、ぎこちないものに見えるのでは?
でも、翼はしならせることが出来るのですよね。
最後の写真の子が噛んだのですか? 貴重な経験でしたね。
「近づく」は写真の大事な要素だと思います。 忘れ勝ちの人が多いですね。 ファインダを覗く前に寄れ、です。

こんにちは。
こういう角度で撮った白鳥の写真は見たことがないので、びっくりしました。
同じ場所でカメラを構えていたとしても、他の人には撮れないと思います。
鳥から見て安心感満点のLucianさんだから撮れた写真だと思います。
実に親近感に溢れていて優しい感じがします。
陸を並んで歩いているなんて、本当に珍しいですよね。
珍しいものを見せていただき、有難うございました。
今年は、こちらでは白鳥があまり見られないうちに冬が終わってしまいそうです。

iwamotoさん、こんばんは。
人は見かけによらないように、白鳥の身体も実際はしなやかです。
首なんかろくろ首も顔負けの柔らかさで、ロープのように結ぶこともできるかもしれません。
ヨガでもやってるんじゃないかと思わせるほどです。
足は短い割には歩くのも滑らかです。毎日泳いで走っているので脚力はかなり鍛えられているようです。
もし想像されているようにぎこちない動きなら、厳しい自然環境の中で淘汰されて絶滅してしまっているでしょう。

esikoさん、こんばんは。
白鳥は遠くから望遠で撮るとエレガントなお姫様のイメージですが、ひょうきんで人懐っこい面も紹介したいと思っていたらこんな感じになりました。
人もそうですが、動物は見方によっていろんな面が見えてくる多面体ですね。
陸に上がっていた理由は人を見たのでエサ目当てで、田んぼなどに探しに行くのとは違うと思います。
だから自然ではなく人工的な光景だったのかもしれませんね。

一応野生のオオハクチョウが身近で見られるのは凄いですね。
でも、普通に道を歩いてる姿が、どこかダック的な感じです(^^;
ハクチョウはやはり優雅な姿のイメージが強いですが、
意外とフレンドリーなんだと感じます。
少し黒っぽいのが若い幼鳥なんだと思いますから、若いから怖さ知らずな感じです…

ねねここさん
一般的な白鳥の習性としては、水上や水際はホームグランドで天敵の心配がないので近づいてきます。
でも田んぼなどでエサを探している時は、警戒態勢になっているので人が近寄っても逃げます。
ここは川岸だったのでホームに含まれるかもしれません。
また、昔から「白鳥を守る会」などがあって保護活動をしていたこともあって、人に懐くようになったのだと思います。
最近ではエサやりは自粛することになっていますが、こっそりやる人がいるのでカモやカモメまで一緒に集まってくるようになりました。
これらの写真はFinePixF550EXRで撮りました。

カルガモや、オナガガモの行列は見たことがあるけれども、大きいだけに迫力&楽しいです。

sustenaさん
さすがに大型の水鳥だけあって、カモ類と比べると威風堂々の行進です。
人への懐き方は、猫よりも犬に近いイメージです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/44055027

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥の行列:

« スズガモ | トップページ | 日本の白鳥 #1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ