« 湯治 | トップページ | 秋色アジサイとサプライズ »

緑の音楽教室



ツタでほぼ完全に覆われた建物が道路側にあり、人目を引いていた。
正面だけでなく、サイドもすっかり包まれていて見事だった。
一年中緑ではなく、秋には紅葉したり冬には枯れるタイプなので、
ナツヅタという種類らしい。
この音楽教室棟の壁はコンクリートになっていて、
ツタは最初から装飾用としてデザインされていたようである。
奥の住宅棟の壁は普通の木材だった。

1_r

2_r

« 湯治 | トップページ | 秋色アジサイとサプライズ »

風景」カテゴリの記事

コメント

ナツヅタというのですか、なるほど。
ツタに覆われた窓がふたつある壁、緑の面を被った顔のように見えますね。
古代エジプトの若きファラオを思い出します。
「ツタの仮面」。

ホントに元気な緑です、こちらとはかなり様子が違います。

おはようございます^^
秋には紅葉!冬には枯れると、お聞きすると
そのときの写真も見てみたい、って思います^^v
もし、機会があれば
今度は「紅葉」を、、、と、、、一応リクエストしておきます(笑)
しかし
これだけ
こんもりしてると
殺虫剤とか
消毒とか
そうゆう薬剤の散布も必要なんですかねぇ
蔦だから、そうゆう心配はないですかね、、、、、
と、、、余計なことにイメージが飛んでしまう亀さんなのでした(汗)

全面的に蔦に覆われた建物にはナンの影響も無いのでしょうか?
わたしは、虫が大嫌いなので・・・・
チョットこの手の建物はご遠慮申し上げたいですね。
なにしろ庭に出て蚊に喰われても・・・
腫れるし、痒いし・・・やれ・・ムヒだ!ナンだって大騒ぎしてますから〜〜〜!!

こんにちは。
ツタで覆われたお家、すごいですね。
iwamotoさんのブログのツータンも生き物のように見えましたが
こちらのお家もお顔に見えますね。
そして右手を上げているように見えます・・・
これからの季節、紅葉してそして枯れちゃうのかしら?
覆われてるとあったかい感じがしますね!

iwamotoさん、こんにちは。
ツタも南北でピークにタイムラグがあるようですね。
このツタは福生工場のツータンの分身かもしれません。
My伝説によるとファラオが呼んだそうです。
"Tsutan, Come on !"

亀さん、こんにちは。
秋の紅葉は運がよければ見ることができます。
というのは、紅葉が綺麗になるには秋の急な冷え込みが必要なのです。
ご覧のように後ろが海なので、海水温の保温効果で気温の変化が内陸と比べて小さいのです。
でも10年に1回くらいはチャンスがあるかもしれません。
また冬に枯れてしまうと、その変り果てた姿に驚きます。
ビフォーアフターで比べると面白そうです。

るーちゃん、こんにちは。
建物の壁は、コンクリートブロックかモルタル仕上げかのどちらかなので、
ツタによる傷みはないと思います。
もしツタを撤去しようとすれば跡が残ってしまうと思います。
この家では庭の草木の代わりにこのツタを育てているのかもしれませんね。

いちごさん、こんにちは。
これだけ本格的にやっている家はめったにないですよね。
今がいちばん美しい時期で、冬に枯れると葉が大部分落ちてしまい、茎だけが残る感じで寂しい姿に見えます。
そういえば左サイドは完全な顔ですね。正面も口だけの顔に見えなくもないですが。
写真では見えませんが、ツタは屋根まで覆っているので夏は涼しかっただろうと思います。
でも冬は葉が少なくなるので暖かい効果はあまり期待できないかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/47393935

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の音楽教室:

« 湯治 | トップページ | 秋色アジサイとサプライズ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ