« カルガモのオスメスの見分け方 | トップページ | 謹賀新年 »

装いを替える音楽教室


10月までは青々としていたツタの絡まる教室も、秋から冬にかけてその外観が大きく変わる。
毎日のように見ている近所の人はそれほど大きな変化とは感じないかもしれないが、
年に数回しか通らない者にとってはちょっとした驚きである。
下は前回紹介した初秋の様子。



1_r

2_r




 

秋になって紅葉が始まった頃。
この後、本格的な紅葉になったのか、あるいはただ茶色くなっていったのかについては、頻繁に通っていないので分からない。
全面を赤い葉で覆った光景は、あったのかもしれないし、なかったのかもしれない。
それはこの場で見ていた人だけが知ることだ。


R0022689_r

R0022692_r





冬に入ると葉が枯れ落ちて茎だけが残っていた。
これはこれで風情があるけれど、夏との大きな落差の方を先に感じてしまうのだった。
春までこの光景が続いた後、新緑の頃にはどうなるのかはまだ見たことがない。
完結編はまだ先になりそうだ。

R0023153_r

R0023154_r

R0023157_r










« カルガモのオスメスの見分け方 | トップページ | 謹賀新年 »

風景」カテゴリの記事

コメント

枯れるタイプなのですね。
確かに春の様子を見てみたいです。変化が激しそうなので、2種間おきに撮影でしょう(笑)
実は、昨日、こちらのツータンを見に行ってきました。 コンクリ屋の。
もっと葉を落として枝?茎?だけになってる様子でした。
今度、申し込んで撮影許可を貰えるか試してみます。
近所の例のレストランは常緑のようです。

iwamotoさん、こんにちは。
紅葉から枯れるまでの間の変化はあっという間だと思いますが、
近くではないので何度も観れないのが残念でした。
枯れた状態では、南側(右側)の開口部に赤い葉が残っているところから、
全体が赤く染まっていた可能性は十分あります。
こまめに観察すれば新しい発見がまだありそうです。
公道からの撮影だったので許可は貰っていません。

一年間たくさんのいろいろな話題で楽しませて頂いて本当に楽しかったです。
いつも励まして頂いたり、元気をもらったり、本当に感謝しています。
来年も変わらずよろしくお願いします。
ご家族でよい年をお迎えくださいね。

たくさんの幸せが訪れますように。

いちごさん、こんばんは。
こちらこそ心温まるメッセージをたくさん頂き、ありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願いします。

こんばんは
最後に、リクエストにこたえて貰って、嬉しいです!!
こうして、写真を並べて頂くと
より変化が分かって、面白いですね^^v
こうなると
最後のミステリーは
全面を赤い葉で覆った時期があったかどうか?ですね

それは、来年の楽しみってことで
楽しみにとっておきましょう~~~~

では、、、、
紅白歌合戦も佳境に入って来ました♫

ことしは、いろいろとお世話になりました。
ありがとうございました!
来年もよろしくお願い致します。

亀三郎さん、おはようございます。
あけましておめでとうございます。
新緑と紅葉のピークがミステリーとして残りました。
1年がかりの取材になるので、気長にお待ちください(笑)
今年もよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/48520407

この記事へのトラックバック一覧です: 装いを替える音楽教室:

« カルガモのオスメスの見分け方 | トップページ | 謹賀新年 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ