« 通風口デザイン | トップページ | (重要)アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは »

植物ワイパー・大型

 

 
 
路上観察学会の赤瀬川原平さん命名の「植物ワイパー」。

花や雑草の小さなものではなく、木の枝で作られた大型を見つけた。
高さは5mくらい。

 

1_r
 
 
 
 
ここでは木が残っていて冬だから葉はないものの、樹皮までなくなっている。
枯れているかもしれないので、春になって新芽がでるかどうかは分からない。
津波の浸水を受けているからだ。 
 
 
2_r
 

 
 
 
これは別の町のもので、2本の木はなくなっていた(去年)。
津波の勢いはこちらの方が強かったと思われる。
倉庫の壁は波の方向と並行だったので、この壁面は大丈夫だった。
高さは同じ5mくらいだった。 
  

3_r
 
 
 
 
 

« 通風口デザイン | トップページ | (重要)アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

これらは、ワイプしているというより、勢いのあるブラッシュ・ストロークに感じられます。
絵を描いてもらったような感覚です。 このまま保存したいような。

iwamotoさん、こんばんは。
このまま両方共、しばらく保存されると思います。
これらの壁面部分はほぼ無傷で残ったので、壁材が壊れるまで使うでしょう。
15年か20年は大丈夫でしょう。

おはようございます^^
津波の影響で、こうゆうものがあったんですね
初めて知りました
植物ワイパー・・・・・・・

わたし、先日、ガスレンジを入れ替えた時
台所の油よごれを
落とすのに、すごく難儀したのですが、、、、
その時の記憶があるせいか??
この倉庫の壁の黒ずみを
落とすパワー、、、
その何十倍だったのかと、、、
訳の分からない?想像をしてしまったです(恥ずかし)

PS 今日は、関東地方 4月の陽気となるようです^^

亀三郎さん、おはようございます。
これは津波の前からあったものが、津波で木がなくなったり枯れたりして
目立つようになったものです。
何千回、何万回と擦れば、どんな汚れも落ちそうですね。

「劫」という仏教の時間の単位があります。
天女が須弥山の頂上を3年に1回、羽衣でそっと擦って、山が無くなる迄の
時間だそうで、1劫が40億年という事らしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/49817122

この記事へのトラックバック一覧です: 植物ワイパー・大型:

« 通風口デザイン | トップページ | (重要)アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ