« 小岩井農場の一本桜 | トップページ | 通風口デザイン・5 »

どんより桜

 

桜は晴天の青空の下で撮るのが常道であるが、たまたま3年間その機会を逃してしまっていた。
雨はともかく曇りの日には何とかならないものかと思い、撮ってみた。
やはり色もコントラストも冴えないので、証拠写真的レベルになりそうだ。 
露出補正などで明るくすると、晴れているかのように見せられるかもしれないが、
彩度が低くなり、どうしても晴れの時には及ばない。
 
それならばいっそのこと、曇りの桜として写せばいいわけで、今年の記録に残すことにした。
写真で空が青くなっているのは青空ではなく、雲が青みがかっているためだった。
一瞬だけ薄日がもれることがあったがずっと曇りの日だった。

 
 
 

1_r

 

2_r

 

3_r

 

4_r

 

5_r

 

7_r

 

9_r

 

10_r

 
 
 
 
 
 
 
 

« 小岩井農場の一本桜 | トップページ | 通風口デザイン・5 »

風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

曇天の満開の桜、、、空に向かっての画像は
なんとなく、、、黄泉の国へ吸い込まれていきそうな、、、
そんな気分になりました。。。
いつか、、、逝ったら、、、ほんとに先に逝った人に
会えるんでしょうかね、、、(滝汗)

「業務連絡」
さっそく
チャバネセセリ
を左サイドバーに登録しました。
それと
同じ2012年7月23日沼ッ原湿原で
不明の蝶々がいるんです、、、
???
にしておきましたが
調査可能でしょうか?
調査費用出せないのですが、、、、
宜しくお願いします(ペコリ)

最後のモノっぽい雰囲気のものに惹かれました。よくポスターにあるような桜は、めちゃ彩度UPしたり、赤みをうんと加えたりしてるのが多いのですが、一方であえて彩度を落としたようなのは、消え入りそうでかえって印象に残ったりします。
桜は本当にムズカシイです。

こんにちは。
緑の芝生にピンクの桜・・・
すごく新鮮な感じがします。
桜って咲き始めも、満開も、散りかけも・・・それぞれに綺麗です
心が明るくなったり切なくなったり・・・
桜っていろんな感情が芽生える花だと思うんです。
そんなこと思うのは私だけかもしれませんね。
すてきなお写真見せていただけて心が和みました。

亀三郎さん、こんばんは。
鋭い勘をお持ちですね。
ここはマスコミにもネットにも書かれない、知られざる桜の名所なんです。
つまり、公園墓地だったのです。
黄泉の国の人々もいっしょに桜を愛でてくれているので、そういう雰囲気があるのかもしれませんね。

P.S. 「不明の蝶」は蛾の仲間だったようで、蝶という思い込みで少々時間がかかりました。

sustenaさん、こんばんは。
私もいちばん気に入ったのを最後に持ってきました。
でも、モノクロで桜を撮る勇気はまだありません。
かすかにでも色が残っていて欲しいという気持ちがまだあるからです。
「色」は本質的に精神内に創造されるもので、外的に与えられるものではないのですが、
創造力の不足を補う補助輪的な役割として、僅かな色を欲しがるのかもしれません。

いちごさん、こんばんは。
日本人に桜が人気なのは、自分の心を写す鏡のような花だからだと思います。
晴れた日の桜は晴れた気分を反映し、曇った日はちょっとがっかりした気持ちが映ってしまうようです。
だから、どんよりした日に晴れやかな気持ちで撮ったらどうなるか、という実験的な試みでもあります。
楽しんで頂けたらうれしいです。

構図としては9枚目が好きですが、仕上がりとしては10枚目がきれいですね。 色も綺麗。
モーツァルトの音楽も鏡のように感じます。 優れた芸術はみな鏡としても存在していると思っています。

『業務連絡』
「ヒョウモンエダシャク」
ありがとうございました
蝶々じゃなくて蛾の仲間だったのですね
なるほど・・・
お陰様で
さっそく左サイドバーに登録することが出来ました!!

PS そうですか・・・もと墓地・・・・
   桜の花に、たくさんの人の魂、、、宿ってるかもですね

iwamotoさん、こんばんは。
エアー桜やスピリチュアル桜もアップされていましたか。
気がつきませんでした。
不可視のものにももっと注目せよという、桜からの鏡のようなメッセージかもしれません。

亀三郎さん、こんばんは。
蝶は250種類、蛾は5000種類といわれているので、
蝶でなく蛾になった途端にハードルが20倍高くなりそうで、「ガチョーン」です。
1分で済むのが20分になるだけの違いですがw

今年の東北は天気が不安定で桜もゴールデンウイーク後だったり、
地球の気候で翻弄された感じですね。
個人的にはサクラの最後の方に出る青い葉っぱの色が結構好きです。

サクラの頃、ラジオに出ていたサクラを管理してる人が言っていましたが、
サクラの花はサクラの木の1年の最後で、そのあとの新緑から新しい1年が始まると言う事でしたので、
曇りの桜も静けさがありなかなかいいかもしれませんね…

ねねここさん
去年の連休も雨続きで、一昨年は震災の後始末で桜の記憶がなかったです。
今年こそは、と期待していましたが、まさかの天候不順でした。
桜は晴れた日に限るという先入観があったので、それを捨てるのに時間がかかりました。
HDRで絵画風になってしまいましたが、これはこれで思い出になるでしょう。
たしかに葉っぱを主役にするという手もありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/51813416

この記事へのトラックバック一覧です: どんより桜:

« 小岩井農場の一本桜 | トップページ | 通風口デザイン・5 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ