« どんより桜 | トップページ | 火星表面の愉快な石ころたち »

通風口デザイン・5

 
 
花ブロックシリーズは、これで最後かもしれないと毎回思いながら5回目になった。
今回も相当古くからあるものだが、通り掛かる機会がなかったり、
気づかなかったりした為に、今発見したものである。
 
これは四角の中の四角。内側がひし型なのは前回登場している。
3つ並べて顔にする趣味があるのかもしれない。
 

1
 
 
2
 
 
3
 
 
 
これは、丸と四角が交互に並んだもので、おそ松くんの「のび太のおでん」を連想した。
丸の真ん中が境目になって接着されている。
このために、上からの荷重に対する強度はだいぶ弱くなっているようだ。
 
 
4
 
 
6
 
 
 
途中から上に壁を載せたところは、重みに耐え切れずに潰れてしまっていた。
 
 
7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

« どんより桜 | トップページ | 火星表面の愉快な石ころたち »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます^^
重みに耐え切れず潰れてしまった花ブロック
なんだか妙に印象的な写真になりましたね~~
でも
余計な事かもですが、、、上に乗せたブロック
そうとう安定性がやばいような、、、そんな気がするのです(←心配性なので、汗)

「業務連絡」
尾瀬でも何種類か植物撮りました
不明なもの、、、
すいませんが、、、また、、、よろしくおねがいします(ペコリ)
自信がないのは
名前を入れても
??マークをつけています。(滝汗)

こんにちは。
通風口ってほんとたくさんの種類があるんですね。
地域によって違ったり・・・もっとたくさんありそうですね。
あれから近所を歩くときには注意して見たりするのですが
Lucianさんが撮られてるのと同じのばかりです。
違うのを見つけたいなって思いながら
いろんな所を散策するのって楽しそうなので
これからも注意して見ながら歩いてみますね。

亀三郎さん、こんにちは。
重みで潰れたのは初めて見つけました。
あきらめた頃にまた新しいのを発見するというのは面白い現象です。
だからこれも最終回にはできなくなりました。
 
P.S. 有名地域の植物なら、先達が調査済みなのでリサーチは楽だと思いますよ。

いちごさん、こんにちは。
山梨県には富士山の形のがあるそうですが、
そういう特別なものでなくても、掘り出し物はまだあるような気がします。
宝探しの探検感覚で歩くと楽しみが増えますね。
たまにはいつもと違う通りを通ってみるのがコツです。

通風口よりその下の花の方に目が行きます。
通風口に「おもしろみ」を感じる程には、私はまだコナレてないようです。
まず見て思ったのが、上に乗ってるのがこんなブロックだと重量が軽くて済みそう♪。
田舎の墓所の裏にはブロック塀を作ってありますが、ちょっとづつ積み直したり、補修したりしています。
私がやると波打つ塀になりがちデス。 適当にコンクリ打つからかな。

「白黒パオちゃんのレタッチ画像」を拝見しました。
自分のアップしていた画像と並べてみました。
「全然違う~」
私の使ってる画像処理ソフトは「Paint Shop」ですが、今まであまりモノクロ処理をした事がないので、
どこまでやればいいのか、どこでやめればいいのか、行きつ戻りつしております。

『業務連絡』
オオカメノキ
さっそく左サイドバーへ登録しました
亀の甲羅に似てるから
大亀の木!!
情報、どうもありがとうございました(ペコリ)

paoままさん、こんにちは。
通風孔(花ブロック)は超マイナーなテーマなので、
やる人も見る人もすごく少ない代わりに、収集数で簡単にトップになれます。
これは、軽くするためと、風通しと見映えもよくするために考えられたそうです。
本場沖縄では花ブロックだけの塀が多くて華やかです。
paoちゃんのレタッチ画像は、フリーソフトのPicasa3でやりました。
とても簡単で迷わないので、普段のブログならこれでも十分かと思います。

『業務連絡』
亀さん、オオカメノキにそっくりなヤブデマリと間違えないでよかったです。
紙一重の差で別種になったりするのでちょっと緊張しますね。

2枚目は顔にも見えますね。
7枚目は永久保存板でしょう。
シミも決まってますし、もっと暗く仕上げたいなと、勝手に思ってしまいました(笑)

大変ご無沙汰していました。
面白いところに目を付けたモノです・・・。
わたしは老化が激しくて何にも興味がなくなり、漫然と通り過ぎてしまってます!

最後の一枚、かなり危なそうですねえ。一揺れ大きいのが来て、下を人が歩いてたら危ないなあ。

iwamotoさん、こんばんは。
顔は初級レベルでした。
7枚目というのは最後の6枚目のことですか。
露出は花ブロックがメインで、それ以外は無視しました。
シミはご指摘を受けて気がつきました(笑)

るーちゃん、こんばんは。
お久し振りです。
このテーマを面白いと思う人は少数派なようです。
その代わりに珍しさはあると思います。
老齢については私から何か申し上げることはありませんが、
ブログの鉄人を紹介しますのでご覧になってみて下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/siran13tb

Cakeaterさん、こんばんは。
現場では危ないという印象はなかったですね。
高さ2mくらいで、徒歩で下を通る人は1日に2~3人あるかな、という感じでした。
モルタルで隙間を埋めればいいようなものですが、
どうしても通気口として使いたいのかもしれませんw

スミマセン、「5」が抜けてたんですね。
6枚目、「7」番です。

私も1・2・3枚目ともに顔だなーと思って眺めてました。花が鮮やかーですね。

iwamotoさん、こんばんは。
アップする直前に最終選考で削除したりするので、
画像の番号に欠番が出ることがあります。
前の記事で頂いたコメントの謎も今解けましたw

sustenaさん、こんばんは。
顔型の配置は意外に少ないようです。
今回が初めてかもです。
単体で顔になっているのはけっこうありますね。
そろそろ打ち止めかな~と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/51842466

この記事へのトラックバック一覧です: 通風口デザイン・5:

« どんより桜 | トップページ | 火星表面の愉快な石ころたち »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ