« 動物型単管バリケード2 | トップページ | ハルジオンとヒメジョオンの見分け方 »

顔見立て物件入門2

 

今度は野外編である。
2年前の津波を受けた「人面岩」は目の形が少し変わって彫りが深くなっていたものの、健在だった。
 

Dscn5840_r
 
 

「類人猿岩」の方も鼻先がちょっと欠けていたがそのままで残っていた。
実は、毎日ここを通る地元の漁師や漁業関係者でも、これらを「顔」と認識する人はほとんどいない。
それほどマニアックでマイナーな世界なのだろうか。
 

Dscn5847_r
 
 
 
浜のカレーパンマン
 

R0023688_r
  
 

妖壁(擁壁)
  

R0024725_r

 

R0024727_r

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

« 動物型単管バリケード2 | トップページ | ハルジオンとヒメジョオンの見分け方 »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

なるほど、ネイチャーものと申しましょうか、こういう世界もありますよね。
最後の、おかしいですね。 笑えます。 影は髪の毛ですか。

こちら、次は金属の顔シリーズです。

誰しも、そういえばあそことあそこに顔があったよな、と思い出しますよね。
思いがけない切り口を見たいものです。

最初のは人面岩というよりも・・・ワンコ岩?
目のよこにシマシマ模様が見えるから、トラ岩でしょうか。

津波で頬がこけたのですか?
ウチは明日は田舎で草刈です。
今日の夕方から帰って、明朝早く起きて日がテリテリになるまでの間、
田んぼの畔をせっせと草刈。

私も頬がこけてやるぅ!

iwamotoさん、こんにちは。
人工物が圧倒的に多いので、自然物は貴重ですね。
コンクリートにはひょうきんな顔が多いような気がします。
そういう性格を持っているのかもしれませんが。
金属は身近過ぎて盲点になっていました。
開発途上です。

paoままさん、こんにちは。
最初のを人面岩と思い込んでしまったので、条件付けができてしまい、
ワンコ岩に見立てようとしてもなかなかできません。
人生はすべて思い込みで成り立っているんですねぇ。
人によって見えたり見えなかったりするのがよく分かります。
頬は元々こけていましたが、津波でさらに磨きがかかったようです。
草刈はエンジン付きのカッターですか?
鎌でなら大変ですね。

こんばんは
わたしも、1枚目はワンコ、、、
もしくはライオン系に見えました(汗)
それも、けっこうイケメン系、、、って、、、
そして、3枚目は、「ピカソ風ウマ」ってイメージです。
画面右側が、鼻先になるんですけど、、、
そんな風にも見えませんか?(笑)

それはそうと
明日は猛暑日予想、、、、
亀三郎が
参考にしてる熊谷が37度予想なので、、、憂鬱なんです、、、
うちの場合は
宇都宮より、、、熊谷に近いような気がしてるもので、、、
『暑いぞ!小山!』って、、、(ドテッ)

類人猿岩は、いったんそう見えたら、それ以外のものとして見るのがむずかしくなってしまいます。最後の髪がすてき!!

亀三郎さん、こんばんは。
東を向いたライオンならスフィンクスですね。
私は最初に人面として見立ててしまったので、変更は難しくなりました。
このカラクリは歴史認識の違いにも当てはまると思います。
人は正しいかどうかではなく、信じたいものを信じるんですね。
小山市は今日は35.5℃でしたか、37℃でなくてよかったですね(笑)
信じられないかもしれませんが、近所のおじいさんは昨日までコタツに入っていたそうです。

sustenaさん、こんばんは。
類人猿岩は誰が見ても他の見立てはできないと思います。
でも人面岩は議論が分かれています。私が少数派ですが。
最後の写真は、髪はほとんど意識していませんでした。
ご指摘を受けてから納得しました。
十人十色の感じ方があるんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/52249924

この記事へのトラックバック一覧です: 顔見立て物件入門2:

« 動物型単管バリケード2 | トップページ | ハルジオンとヒメジョオンの見分け方 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ