« ニッコウキスゲ | トップページ | チョコレートコスモス »

原爆が必要だったというのは幻想…ストーン監督

 
オリバーストーン監督は、アメリカ人としては珍しく、一応正論に近い主張をされているようだ。
しかし、「
原爆投下はソ連(当時)へのけん制が目的」というのは、二義的な表向きの理由に過ぎない。
既に敗戦が確定している相手国に対して、種類の異なる2つの原子爆弾を投下したのは、
実験材料にする目的以外には考えられない。
名前も、広島のウラン型が「リトルボーイ」、長崎のプルトニウム型が「ファットマン」であり、
ネーミングからしてふざけている。
我々被爆国の国民は、ただ平和を祈るだけでなく、真相を追求し、少しでも真実に近い認識を持つことが、
隠然たる抑止力になるのではないかと思う。


-----------------------------------------------------------------------------------------------
 

原爆が必要だったというのは幻想…ストーン監督
 

読売新聞 8月5日(月)8時53分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130804-00000618-yom-soci
 
「プラトーン」「JFK」などで知られる米国の映画監督オリバー・ストーン氏(66)が4日、
広島市内で読売新聞のインタビューに応じ、「原爆投下は戦争を終わらせるために必要だったというのは幻想だ。
(米国人として)被爆者に謝罪したい」と語った。
 
ストーン監督は昨年、第2次大戦前夜の1930年代からオバマ大統領登場までの米国の現代史について、
独自の視点で描くテレビドキュメンタリーシリーズ「もうひとつのアメリカ史」を制作。
その中で、原爆投下はソ連(当時)へのけん制が目的で軍事的に不要だったと主張している。
今回は原爆忌に合わせ広島、長崎を初めて訪問、被爆者との対話などを予定している。
 
インタビューで、ストーン監督は、原爆を投下した米国は英雄であると教わってきたと説明したうえで、
「80年代までそうした幻想に疑問を差しはさむことはなかったが、歴史をもっと深く見るようになった。
私は歴史に対して建設的でありたい。日本の人々も、米国の神話を受け入れず、
なぜ原爆が落とされたのかを学んでほしい」と話した。


---------------------------------------------------------------------------------------

« ニッコウキスゲ | トップページ | チョコレートコスモス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まさか白人相手に実験は出来ませんからね。
レイシズム以外の意味があるのでしょうか。

今日は広島に原爆が投下された「原爆の日」
朝からヘリが空をブンブン飛んでいます。
安倍総理も列席なされたそうな。
8時15分にパオちゃんと一緒に合掌、黙とう。
平和について考える一日。
もしも、もしも世の中が全部女だったら・・・
戦争はおきないでしょうか?

iwamotoさん、こんにちは。
白人といっても、マンハッタン計画を企画して実行したのはユダヤ人です。
9.11の時、WTCビルの関係者の中にユダヤ人(アメリカとイスラエルの二重国籍者)は4000人いましたが、
テロの犠牲者はゼロ若しくは一人だけでした。
事前にこの日は休暇を取るように指示されていたからです。
白人でもユダヤ人以外は有色人種と同じか、少し順位を上げているだけです。

paoままさん、こんにちは。
戦争は国と国、あるいは民族間の利害関係の対立からは決して起こるものではありません。
戦争は背後にいる黒幕が金儲けのために企てたビジネスです。
つまり、敵と味方の両方に戦争資金を貸し付けるために火種を意図的に撒くのです。
二つの世界大戦はそのために企画されたものでした。
「ヴェニスの商人」に出てくる、ユダヤ人金貸しシャイロックのような人間が、国際金融資本として、
血脈を使って世界中にネットワークを張り巡らして、戦争・内戦・国境紛争などを煽っているのです。
それは今でも続いています。
男が戦争をするのではなく、騙されて駆り出されただけなのです。

こんにちは。
8月6日、毎年欠かさず近くに建てられている慰霊碑にお参りに行きます。
今朝も出勤前にお花とお水を持って行き、冥福と平和を祈って参りました。
私の父は昭和20年生まれ、生まれたばかりの父を背負って畑仕事をしていた祖母が
広島方面の空が恐ろしいほどの色に変わり、これは恐ろしいことが起きた!ってすぐに分かったそうです。
戦争の事、原爆のことを考えると涙が止まらなくなります。
世界が平和でありますように・・・日々、そう願っています。

いちごさん、こんにちは。
祈りは「愛」です。それは人間が持つ最も崇高なものです。
平和を実現するには、その他に「智恵」と「力」も必要です。
自分の役割はどれかを見極めて実行することで、世界の平和に貢献できると思います。
あなたの祈りが叶えられますように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/52756298

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆が必要だったというのは幻想…ストーン監督:

« ニッコウキスゲ | トップページ | チョコレートコスモス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ