« 猫は飼い主の誕生日にお祝いを言えるだろうか? | トップページ | シリアで化学兵器攻撃をするアルカイダ系の反政府勢力 »

消えた土橋

 
 

自宅から車で30分くらいの所に、丸太に土を被せただけの土橋があった。
川の向こう岸が田んぼなので、個人所有の橋と思われる。

橋桁の長さは10数メートルあるので、真ん中も橋脚で支えていた。
これは4年前の写真で、その後は滅多に通らないので最近まで見ていなかった。 
 

Dscn2160

 

Rimg0400
 
 
 
先日、久しぶりに通りがかったら河川改修工事をしていて、
橋も鉄筋コンクリート製に架け替えられていた。
さすがに土橋だけそのまま残すわけにはいかなかったのだろう。

 

Photo
 
 
 
ここから数キロ離れた場所にも小さな土橋があって、こちらはまだ現役だった。
私が確認する限りでは残る唯一の土橋になった。
これは川というよりも用水路かもしれない。橋の長さは5mくらい。
雨が降って土が濡れたら木が腐食するのではないかという不安もあるが、
下側がオープンになっているので、湿気は逃げて通気性があるようだ。

 

Photo_2

 

Photo_3

 

Photo_4

 

Photo_5

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 猫は飼い主の誕生日にお祝いを言えるだろうか? | トップページ | シリアで化学兵器攻撃をするアルカイダ系の反政府勢力 »

風景」カテゴリの記事

コメント

こういうものを「土橋」というのですか。
木の上に土を乗せて植物で固めた? 初めて見ました。
「ツチハシ」さんも「ドバシ」さんも「イシバシ」さんも、知り合いにいます。
錦帯橋、猿橋、神橋。 日本三大奇矯を渡ったことがあります。
かずら橋は行ったことがありません。

iwamotoさん、こんにちは。
これは江戸時代からの手法で作られた貴重な文化遺産ともいえます。
浮世絵にも描かれていますね。丸太の凸凹をなくすために土で平にしてあります。
雑草は勝手に生えているだけでしょう。
昔は板橋や石橋は高価だったので、土橋が圧倒的多数だったようです。

こんばんは

土橋、はっきりあそこで見た!という記憶はないのですが
子供の頃、どっかで見たような気がします。
土橋の写真、、、、無性にノスタルジーをそそるので(汗)
でも、無くなってしまったのがあるんですね
亀三郎的には、ちょっと勿体無いような気も。
県の「文化遺産」として、保護なんて、、、
ま、、、そうゆうのは、予算の面から言っても
安全管理の面から見ても、無理なんでしょうねぇ。

「業務連絡」
アキアカネ ♂
左サイドバーにトリミングして登録しました。
ありがとうございました(ペコリ)

亀三郎さん、こんにちは。
土橋は、田んぼなどに行くために個人で架設して自己責任で使っているようです。
個人の所有物なので行政が立ち入る問題ではないのでしょう。
この場合は、洪水対策の工事をするために撤去せざるを得なかったということですね。
写真に残しておいてよかったです。
 
P.S. アキアカネのほかにはミヤマアカネが個体数的には多いと思います。
小川や用水路など「流水系」の近くに行ったら注目してみてください。
アキアカネ、ナツアカネなどは、池や水溜りなどの「止水系」です。

Lucianさん、こんばんは。
こういう古い橋は、もう殆ど見なくなってきてますよね。
うちのあたりには残っているだろうか・・・と、思いをはせていますが
毎日配達している時はいろんな場所がすぐ思い浮かんだのに
最近は何も思い浮かびません。

古いものを、こうやって写真に撮っておくと記念になっていいですね。
私は最近出不精になっていますので、秋空の下、村内の探索に行くのも悪くないかなという気になりました。
古いものを、これからも見せて下さいませ。

esikoさん、こんにちは。
ここは合併した隣の村です。
あまり行く機会もないので、たまに訪ねると発見があったりします。
小さな食堂では昔の黒電話を現役で使っていました。
新車の馬車が走っていたりして、昭和がまだ残っているところです。

災害対策上はコンクリの橋に分があるのは仕方がないことですが・・・・味もそっけも・・・なんて言っちゃいけないんでしょうね。全国ではどれくらいあるんでしょう。コレクターというか、撮影してる人はいないんでしょうか?
私の友人は水車をずっと撮っていましたが。

sustenaさん、こんばんは。
パブリックなものでは、京都の仙洞御所と修学院離宮、甲府の武田神社などには現存するものがあるようです。
私用の橋は、ひっそりと無数にあったものが次々に消えてゆくので、把握するのは困難です。
コレクターさんも自分のエリア以外はネットや伝聞に頼るしかないと思います。
千葉県はけっこう残っているようで、長南市や流山市にあったという情報があります。

「業務連絡」
左サイドバーのアキノキリンソウで登録してた写真を、ミヤマアキノキリンソウへ修正
新たに、アキノキリンソウ(新湯富士)を登録しました。

情報ありがとうございます(ペコリ)

亀三郎さん、こんばんは。
了解しました。
その当時は正解だと思っても、近似的な候補だったりすることがありますよね。
今日もそういう事例をみつけましてコメントさせて頂きました。
ご高察下さい。

こんにちは。
土橋!見た瞬間に子どもの頃の事を思い出しました。
この橋にそっくりな橋があって・・・
その下の川で毎日のように水遊びをしていた子どもの頃の
懐かしい記憶が蘇りました。
その橋は数年前に落ちてしまって、今は渡ることが出来なくなったのですが・・・
ここの川!すごく気持ち良さそう!
こういう風景がいつまでも残っていてほしいです♪

いちごさん、こんばんは。
この橋のある川は、災害復旧の名目で工事が行われていました。
放置すると、先日の台風18号には耐えられなかったかもしれません。
ノスタルジックな景観保存と災害対策のバランスは悩ましいところですね。
全国にはまだ現役の土橋が残っているようですが、近くの人しか知らなかったり、
見つけられないので無名のまま消え去る運命にあるようです。
小川へのプライベートブリッジは、今でも架設する人がいます。
私も依頼されることがあるのですが、土橋ではなく鉄橋になります(笑)

田舎にこれとほぼ同じものが数年前までありました。
記事に書いてあるように川向うにある田へ渡る為に渡してあったもの。
ボロボロでしたがちゃーんと役に立ってましたよ。
でも土地改良と河川改修の結果取り壊されました。
渡るのにちょっと勇気がいるような橋って、子どもには良い思い出になると思うのですが。

paoままさん、こんばんは。
やっぱり全国各地に残っているんですね。
江戸時代から明治・大正までは99%は土橋だったと思います。
東京の下町でさえ、オリンピック前の近代化までは残っていたわけですからね。
なくなったものは老朽化して落ちたものと、撤去されたものに分けられるようです。
軽トラやトラクターで渡っている途中で落ちたら怖いですね。

Very good website you have here but I was wondering if you knew of any user discussion forums that cover the same topics discussed in this article? I'd really like to be a part of online community where I can get feed-back from other knowledgeable individuals that share the same interest. If you have any suggestions, please let me know. Kudos!
basket air jordan femme http://www.aerialprocap.com/aerial.asp?key=basket-air-jordan-femme

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/53201771

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた土橋:

« 猫は飼い主の誕生日にお祝いを言えるだろうか? | トップページ | シリアで化学兵器攻撃をするアルカイダ系の反政府勢力 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ