« 顔見立て物件入門5 | トップページ | 田んぼアート2013 その2 »

田んぼアート2013 その1

 
 

田んぼアートとは、色が異なる複数種の稲を巧みに使い分け、水田に描かれた巨大な絵のことをいう。
 
ここの田んぼアートは、農家の桑原さん夫妻が作っている、約8アールの水田である。
毎年、干支をテーマにしたデザインに決めているようで、2007年のイノシシから始めて今年で7年目になる。
 
八戸市に隣接する青森県階上町にあり、全国発祥の地である田舎館村を合わせて青森県では2ヵ所しかない。
全国的にみても通常は団体主催が多く、個人でやっている所は少ない。
 
田んぼは道路のそばにあるので、気軽に立ち寄れる。常設の展望所もあって見下ろすことができる。
使っている稲は、緑、黄、紫(黒)、白、赤の5色。
続きではさらに詳しい解説をしてみたい。
 
参考:全国の田んぼアートリスト
 
 
 
 
S

 
ノーマル
 
_r

 

水彩画風
 

_r_4

 
 
ミニチュア
 
_r








 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 顔見立て物件入門5 | トップページ | 田んぼアート2013 その2 »

風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
田んぼアート、いろいろな所でやっておられますね。
デザインもそれぞれ地域の特徴とかあって・・・面白いですね♪
水彩画風は、ほんと絵に描いたような素敵な感じに仕上がっていますね。
そして、ミニチュアは小さな箱の中に作られた自然のような感じで・・・
遊び心があって、面白くて楽しいですね。
我が家から20分くらいの場所にも田んぼアートをされている所があるので
いいお天気の日に行ってみようかしら♪

白い色の稲があるんですか?
びっくりしました。
人為的に白い稲を作り出したのでしょうか。
赤米とか黒米っつうのは見た事あるのですが、白は初めて見ました。
これらって普通に米が収穫出来るのかしら。
刈り取ったらごく普通の田んぼにもどるのでしょうかねぇ。
刈り取ったあとも微妙にヘビ模様だと凄いですね。
ここは個人さんでやってるのですか?
桑原さんってもしかして凄腕のお百姓さん?
なんにしても、ゆとりのあるお百姓さんなんだろうなぁ。

Lucianさん、こんばんは。
田んぼアートって、全てが団体でやってるのだと思っていました。
個人がやってるのは珍しいですよね。
こちらは、毎年干支の図柄にしているのでしょうか。
あまりに生々しくて・・・・でもお見事と言うべきなのでしょうね。
平泉あたりのを新聞でいつか見ましたが、実際に見たことはありません。
赤いのは古代米・・・・でしたよね。

いちごさん、こんばんは。
今年はなかなか斬新なデザインですよね。
ヘビが苦手な人でもアートを楽しめると思います。
デジカメのアートフィルターにぴったりの被写体だったので試してみました。
このほかにもポップアート、イラスト風などがありますが、続編用に取っておきました。
近くに田んぼアートがあると楽しいですね。
作った方も、見てくれる人がいるのが励みになっているそうです。

paoままさん、こんばんは。
白い色の稲は、田んぼアート用に開発された観賞用の新品種です。
発祥の地・青森県ならではの品種で、「ゆきあそび」というそうです。
http://to-noken.ac.affrc.go.jp/DB/DATA/063/063-003.pdf
もちろん、米も普通に収穫できます。その他は続編で説明します。
刈り取った後は普通の田んぼに戻ったように記憶しています。
桑原さんの本業は酪農で、牛乳を作っているようです。
田んぼは趣味と実益を兼ねて…かもしれませんね。

esikoさん、こんばんは。
田んぼアートは規模が大きくなると、大人数で作業しないとできなくなります。
そのため、ある程度の大きさになると団体主催になってしまうわけです。
ここはコンパクトなので、2人でも何とかなるということで始められたようです。
毎年の干支をテーマに決めているので、テーマで悩まなくてすむのはいいですね。
平泉でもやっているようですが、絵ではなく文字だけなので、
わざわざ行って見るほどのことはないようです。
古代米は黒っぽい紫と黄色(黄緑)です。

カメラでなく、人の目で見るとどんな形に見えるのでしょう。
かなりデフォルメしておかないと、自然に見えないと思います。
大変なご苦労ですね。

iwamotoさん、こんばんは。
展望所から見下ろした状態で正しい絵になるように、
遠近法を使っているそうです。
下の田んぼ脇で見ると細長く見えます。
PCによるデジタルではなく、目視のアナログなようです。
それがここの「味」でもあります。

こんばんは

水彩画とかミニュチュアとか、カメラで加工されてるんでしたっけ?
それとも、ソフトで?
もしかして、新しいカメラを購入されたとか??
それと、この田んぼアートは青森県なんですね
Lucianさんちは、青森でしたっけ、岩手でしたっけ、、、?
しっかり覚えてなくて、申し訳ございません

PS 個人の田んぼとは、思いませんでした。
   やっぱり、世の中、やる人はやる!んですねぇ
   わたしも
   こうゆう「ライフワーク」が、なんか欲しいなぁ、、、なんて
   一瞬、まじめに思ってしまったです(汗)

亀三郎さん、こんばんは。
メーカーにもよりますが、最近のコンデジにはデジタルアートフィルターがついていて、
カメラ内で撮影時に加工するモードがあります。カメラはSONYのHX30Vです。
ここの田んぼは青森県で、私が住んでいるのは岩手県の北三陸市?ですが、車で10分の距離です。
我々には県境の意識が希薄で、藩政時代には同じ藩だったので、今でも同じ文化圏・経済圏なのです。
ライフワークは大切ですよね。人生のナビゲーターにもなります。
自分にしかやれないことで、前人未到のもの…。
誰にでも一つはあるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/52812105

この記事へのトラックバック一覧です: 田んぼアート2013 その1:

« 顔見立て物件入門5 | トップページ | 田んぼアート2013 その2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ