« 津軽海峡冬景色 その3 | トップページ | The space pao 12 »

津軽海峡冬景色 その4

 
 

階段国道を降りて行くと、最初の数十メートルは雪で埋もれて階段が見えない状態が多かった。
 

B
 
 
 
 
中腹まで来ると、展望所のような広い場所になっていて、町内会の集会所のような建物もあった。
「階段国道339号線」の標識も立っていた。

 

4

 
 

この中腹から下は、日当たりも良くなるせいか、雪が少なくなってきた。
標高が低くなって海水の保温効果もいくらか加わるためでもある。
 

5

 
 

急斜面に対して、一定の勾配で階段を設置するために、
ジグザグに何度も折り返すようになっていた。
 

6

 

7

 
 

いちおう国道なので、真ん中の手すりは中央分離帯。
歩行者は右側を歩かなければならないとされているようだ。
 

8

 

9

 

10
 
 
 
そして民家の前までくると、階段は終わりになる。
 

Dsc00804

 
 

階段は終わりでも、車が通る大通りまではまだ距離も高さも残っている。
ここからがアメージングだった。
 

14

 
 

住宅の玄関先や家と家の間の細い通路を通り抜けて行く。
 

15

 
 

これも国道の一部だよな?と考えながら歩いてしまった。
 

16

 
 

車や重機が入れない奥の家では、建て替えなどするときはどうするのだろう。
人力だけでやるのだろうか、という疑問を感じた。
 

17

 
 

ちょっとした階段とスロープのところもあったり、
ここでも何度も直角に曲がって進むので、ちょっとした迷路のようだ。

   

18

 

19

 

20

 

21

 
 

階段が終わってからも百メートルくらいは歩いたような気がした。
やっと車道に出ると、高台側の入り口と同じ案内看板が立っていた。
地図の向きと現在地が変わっている。
 

22

 

23

 
 

ここは漁港や漁業施設などがあり、食堂もあったが、シーズンオフで閉まっていた。

 

25  

 

24_2
    
 

さて、階段国道の由来であるが、国道指定された1974(昭和49)年当時は急な坂道だったが、安全上の問題から坂道が階段に整備され、階段国道になったという。
1974(昭和49)年の国道選定時に、現地を確認せずに国道に指定してしまったための産物である。
つまり、役人が地図や書類だけで認可してしまったということだ。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

« 津軽海峡冬景色 その3 | トップページ | The space pao 12 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
階段国道、登山の周回コースとまったく同じですね
登山口の看板 現在地が変わるだけで
キホン、、、同じもの、、、、
急斜面なので、階段もつづら折りになってるとことか、、、
なんか共通するものを感じました。
それと
たしかに言われる通り
建て替えとか、あの細い道で、どうするのか、、、
興味深々
でも、写真を拝見すると
新築ぽい壁の家もありますよね。
謎は深まる??(^_^;)

亀三郎さん、こんにちは。
昔は登山道並みの急斜面の道だったと思います。
とても車両が通れる勾配ではないのに国道に指定されてしまったということでしょう。
上と下をつなぐバイパスはありますが、町道なので、
国道としては階段だけでつながっていることになります。
 
新築っぽい壁の家は、おそらく外装や窓だけリフォームしたのではないかと思います。
建て替えの時は、別の土地に移転するという方法を採るのではないでしょうか。
単なる想像ですが。

これほどまでに凄いものなら、たぶん、人気の観光スポットなのでしょうね。
地図にあります「岬に沿った青いライン」も道路だと思われます。
そちらを国道に指定し直すことは、メンツ上決めたものを変えられない(笑)キマリなんですね。

本州から佐渡へ渡ったときも、国道を通っていると聞きました。 海上ですが。

iwamotoさん、こんばんは。
岬に沿った青いラインは、存在しませんでした。
実際に行って確かめたので間違いありません。漁港で行き止まりになっていました。
前の記事の最初のgoogle地図が正確です。
この案内図は階段国道以外はかなりいい加減に描いています。
昔はここしか道がなかったようですね。
バイパスは近年になって作ったのでしょう。
夏場なら観光客でにぎわいそうです。
階段下の道路脇の住宅がほとんどリフォームして外観が新しいのは、補助金が出るからでしょう。

こんにちは。
この国道、ほんとすごいですね。
民家の間に国道が通っていたりするんですね。
珍しいです!!
今から国道の変更とかは無理なのかしらね?
私個人的な意見は、この国道ずっとなくさないでほしいなぁ~!!

いちごさん、こんばんは。
階段だけでなく、民家の玄関先などを通るのが面白いと思いました。
この組み合わせは、やはり日本で一つだけでしょう。
別の場所に、町道か何かのバイパスが通っているので、
車で向こう側に行くこともできます。
それを国道に昇格させて、この階段を町道に変えれば変更は可能ですが、
せっかくの観光資源なので実行することはないでしょう。

すごい階段ですねー。
ここに住んでいる人は足腰が鍛えられますねー
クロネコヤマトのお兄さんもこりゃ配達が大変だねーとそっちに感心しながら拝見しております。
階段国道の由来は・・・フムフムそういうわけですか。
そういえば竜飛岬はどうして竜飛岬の名前がついたのでしょうか。
竜が飛び立つような形の岬なのでしょうか。
それとも冬に風がヒョオオオオオオーーーと吹きつけて、まるで竜が鳴いているかのごとくだったのかしらん。
西日本に住む身にとって、竜飛岬は一生踏む事の無い所かもしれませんね。
そういえば新沼さんの「津軽ぅぅーのう~~みよーー」の歌はパパさんも大好きな歌でございます。
北国は演歌にはとてもよく似合いますね。

paoままさん、こんばんは。
竜飛岬の由来は「その2」に書きました。
源義経がここから龍になって北海道へ飛び立ったという伝説があるそうです。
実際に北海道の最南端にいちばん近い所です。
年中無休で風が吹いている感じなので、吹雪の時はさぞかし凄いだろうなと思います。
ここの人たちは漁師さんとその家族なので、夜8時になるとみんな寝静まるそうです。
そして3時半起きだとか。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/56214016

この記事へのトラックバック一覧です: 津軽海峡冬景色 その4:

« 津軽海峡冬景色 その3 | トップページ | The space pao 12 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ