« タンポポ戦争 ~西洋 VS 日本~ | トップページ | 階上岳登山 その2 »

階上岳登山 その1

 
 

階上岳は、青森県と岩手県の境にある山で、標高は739.6m。
山頂の三角点付近が青森県階上町と岩手県洋野町に分かれている。
山の北側の登山口が観光客や家族向けのコースになっているのに対し、
西側はベテランや学生のスポーツ部員などが利用するコースになっているようだ。

「熊出没注意」の大きな看板には、少し緊張させられる。
実は、熊は山だけでなく町にもあちこちに出没していて、珍しいことではなくなっていた。
この山に麓から登るのは初めてだったが、体力テストを兼ねて縦走コースを選んでみた。
 

1

 
 

登山日誌の記帳所があったので、名前と登山開始時刻を記入する。
前の人のを読むと、山頂付近で迷ったと書いてあった。
おそらく分かれ道で間違えたのだろう。
自分も初めてなので自信はない。
 

2

 

3

 
 

最初は田んぼや畑の脇道を通りながら、林道をしばらく歩くことになる。
このコースは前半が林道になっているのだ。
 

4

 

5
 

6_2

 
 

道端に咲いていた、タチツボスミレ。
 

7

 
 

ツタがヘビのように絡みついている木が何本かあった。
 

9

 
 

道路脇の斜面に、見慣れない地層があった。
まず、色が木の断面によく似ている。
 

10

 
 

表面も見た目は木にそっくりだが、触ると石のように硬い。
崩れ落ちた破片は、まるで木工所の残材を思わせる。
 

11

 

12

 
 

手で折れるほど脆くはないが、ハンマーなら簡単に割れそうな硬さだった。
火成岩の一種なのか? 手がかりもなく未だに不明のままである。
 

13b

 
 

13  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« タンポポ戦争 ~西洋 VS 日本~ | トップページ | 階上岳登山 その2 »

地域・自然」カテゴリの記事

コメント

いよいよ始まりましたね^^v登山シリーズ
しかし、山道の6km以上は、かなりハード
麓からだと標高差があるし
大変なルートですねぇ(^_^;)(^_^;)
同じ山岳フォトグラファー??亀三郎、、、
数字を見ただけで、まず、、、苦労が分かります。
しかし
アカデミックなLucianさんの山レポ
いきなし
難問!!
私には、ただの「おがくず」にしか
見えませんでした、、、
いったい何でしょう、、、

火成なら、節理でしょうか。
その一種なのか、これはもう、木としか見えませんよね。
不思議です。
柱状節理の湯に規則的ではないですし。 興味深いですね。

昔、偶然ですが、方状節理を見ました。 川沿いに走っていて、「なんだこれは」と。
「寝覚の床/ねざめのとこ」と言います。

あら、打ち間違いがありました。
柱状節理の湯じゃなくって、「柱状節理のよう」ですね。
失礼しました。

登山ですかーー!?
実は私がなかなかに理解出来ないものの一つに登山があるのです。
ド田舎で山よせに作った畑が山に還ってしまわない様に戦っている身でございます。
何故にわざわざ山に登るのか。
謎です。
写真を拝見すると歩き良さそうな気持ち良さそうな道ですね。
なるほどこれなら歩こうって気が起きる・・・カモ?
この地層は不思議ですね。
縦に走っているのですか?
では隆起した時に縦目になったのでしょうか。
熊には注意して下さいネ。

亀三郎さん、こんにちは。
標高差は540m、道のりは6.2kmでした。
時間は2時間30分が標準ですが、写真を撮るために何度も立ち止まったりしたので、3時間かかりました。
このコースは距離はあるけれども、ロープを使うような難所がないのはよかったです。
「おがくず」の地層は、土や岩にしては色が鮮やか過ぎたので、看過できずに立ち止まってしまいました。
不思議ですね。こういう思わぬ発見も山歩きの魅力ではないかと。

iwamotoさん、こんにちは。
柱状節理かと思いましたが、形がまだ中途半端です。
これから長い時間をかけてできる予定だったのが、
途中で現われてしまったのでしょうか。
最初見たときは、木の化石かと思いました。
それほど木によく似ていたのです。
専門家に訊いてみたいですね。

paoままさん、こんにちは。
ははは。それを言っちゃーおしまいよ。って寅さんが仰ってますよ。
釣りをしてる人に、「魚が欲しかったら店で買えばいいのに」、というようなものです。
個人的には、トレッキングは散歩の延長線上にあると思っています。
どうせ山歩きするなら頂上まで行って来ようというわけです。
軽スポーツの感覚です。野球部員みたいな若者がトレーニングとして登っていました。
春は新緑、秋は紅葉を楽しむことができます。
夏は海岸をあるけば涼しいし、冬場は街歩きをすれば、年中歩けます。
パパさんにもお勧めしたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/56251231

この記事へのトラックバック一覧です: 階上岳登山 その1:

« タンポポ戦争 ~西洋 VS 日本~ | トップページ | 階上岳登山 その2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ