« 階上岳登山 その1 | トップページ | 階上岳登山 その3 »

階上岳登山 その2

 
 

不思議な地層は、登山口からまだ3分の1くらいの地点だったので、
ゆっくり観察するのは次の機会にしてまた歩き出す。
林道はまだまだ続く。
 

14

 
 

ヤマブキの花。
 

15

 
 

ツタどうしが縄のように絡み合って真っ直ぐになった木があった。
 

16

 

休憩所のような広場があって、湧き水が出ていた。
飲めるかどうかは分からない。
 

18

 
 

マムシグサ。
 

20
  

 
 
中腹に来て林道から山道に入った頃、「証拠物」を発見した。
大きさ、形からカモシカではない。 熊の落し物である。
 
 
81a

 

27

 
 

ホイホイ岩という名前がついた岩があったが、由来が不明。
 

28

 

29

 
 

ミヤマエンレイソウ。またはシロバナエンレイソウ。
 

30

 

31

 
 

ヒトリシズカ。
 

32

 

33

 
 

モミジイチゴ。花は下向き咲く。
 

35

 
 

トキワイカリソウ。
 

37

 

ヤマツツジはまだ蕾が多かった(5月18日)。
 

40



38

 
 

8合目くらいに来て、強い空腹感を感じる。
10時30分に出発して、頂上に着いたら昼食にしようと思っていたが甘かった。
2時間半プラス撮影時間で3時間はかかりそうだと、このとき気づいた。
 

41

 

« 階上岳登山 その1 | トップページ | 階上岳登山 その3 »

地域・自然」カテゴリの記事

コメント

長野県に大鹿村というところがあり、一度行ったことがあります。
行くのは大変でした、遠いです。
そこに「延齢草」という宿があります。
きっと、Lucianさんのお気に入りになると思います。
わたしたちが泊まった宿は、そこではなく「 旅舎右馬允」でしたが(笑)

熊以外にもいろいろありそうですね。

おはようございます^^
山旅、進んでますね!
いろんな山野草を撮りながらだと
時間がちょっと余計にかかると
思いますけど、あれば撮っちゃいますよね~~~
わたしも、そうゆうタイプなもので・・・笑
それにしても
でっかいマムシグサと、、、でっかい証拠品、、、、
たしかに、大きさからぷーさんのでしょうね
そんな気がします。
それと
湧き水、、、わたしの勘?だと
飲めるような、、、気がしますが、、、、
飲めます!って書いてないと
怖いですよね、、、(^_^;)(^_^;)

iwamotoさん、こんばんは。
長野県といえば、平均寿命が日本一の県ですね。
大鹿村もその典型のような年代構成になっています。
70~80代の人が一番多くて半数近いというのは奇跡的です。
全国ワースト3の地域に住んでいるので、特にそう感じます。
熊は目撃情報は多いのですが、被害の情報は今のところないので、
危険性はかなり低いと思われます。

亀三郎さん、こんばんは。
この山は、周りの山と比べると山野草が豊富な印象でした。
ぷーさんの証拠品は、目撃情報の多さからほぼ間違いないです。
湧き水は、頂上のすぐ近くにもあるのですが、そちらは飲用不可でした。
ここは中腹だから濾過されて?飲んでもいいのかもしれません。
飲めるから何も書いてなかったと今では解釈しています。
個人的には持参した水で十分でした。

こんにちは。
山の中に住んでいる私は、行こうと思えばいつでも行けるのですが
なかなか機会がなくて・・・
でも、こうやって拝見していたら本当に楽しそうなんですよね。
いつも亀三郎さんの記事を読んでは、
いつか行きたい!と思いつつ・・・
でも、今年は行ってみたいなぁ~

ぷーさんの証拠品!私なら気が付かずに踏んでしまいそうsweat01

いちごさん、こんばんは。
今までは時間を節約するために車で途中まで登っていましたが、
今度は歩く楽しみを味わうためにガソリンを節約しています。
チャンスはある日突然やってくるので、楽しみに待ちましょう。
自宅から一番近いところから始めると行きやすいです。
ぷーさんは人が嫌いなので気配を感じると逃げているようです。

ホイホイ岩~
何故か一番食いついてしまいましたホイホイ岩。
ああー、何でホイホイ岩になったんだろうー
気になる気になる気になるぅ~
熊の落し物に遭遇なさいましたか。
熊のだってちゃんとお分かりになるんですね。
ウチの田舎の山にも熊の足あとがあったと猟師さんが言っていましたが、
私はそういうものを見て
「熊のだ!」
って分かるかどうか???です。
どの写真も色味が鮮やかできれい。
山の新緑の季節なんだなーって思いました。

paoままさん、こんにちは。
ホイホイ岩の由来は、地元の長老クラスの人に訊かないと分かりませんね。
一つのヒントとしては、北海道に伝わる熊よけの方法として、
2回ずつパンパンと手を叩き、見通しの悪いところでは「ホイホイ」と低い声を出しながら進むと良いそうです。
この岩のあたりではそうしなさいという由来かもしれません。
熊の落し物もこの岩の近くで見つけたので、まんざら間違いでもないような気がします。
とりあえず、これを仮説にしておきましょう。

「業務連絡」

外山(その4)
フタリシズカ
既出でしたが、忘れてたので追記しました^^;;

外山山頂
毘沙門天も追記
全然分からなかったので
とても助かりました。

亀三郎さん、こんばんは。
フタリシズカはヒトリシズカと比べると地味ですね。
花が咲いていないかのような佇まいです。
四天王の中で宝塔を持っているのは毘沙門天だけなので間違いないです。
土偶のような質素な彫刻なので、顔を見ても分からないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/56359113

この記事へのトラックバック一覧です: 階上岳登山 その2:

« 階上岳登山 その1 | トップページ | 階上岳登山 その3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ