« 津軽海峡冬景色 その2 | トップページ | 津軽海峡冬景色 その3 »

The space pao 11

 

地上の皆さん、こんにちは。
3人のクルーが月での任務を終えてISSに帰還しました。
再びここを拠点にして活動することになります。
月面探査の報告はアミ隊員からどうぞ。 

 

Mujapan

 

では報告します。
月面には人間が着陸した痕跡はありませんでした。
私たち猫が最初に立ったことになります。
信じられない方はNASAにお問い合わせください。
人類が月に行ったといういかなる証拠も持っていないことでしょう。
 
パオ隊長の画期的イノヴェーションとはこのことです。
つまり、人間の記憶を書き換えたのです。
そして歴史も変わりました。
 

Amijapan0
 
 
デジカメで太陽をバックに自分撮りしてみました。
パパみたいにうまいでしょ?
 
 
 
 
 

« 津軽海峡冬景色 その2 | トップページ | 津軽海峡冬景色 その3 »

」カテゴリの記事

コメント

おわわわわ~
ムーJapan にアミJapan ですか。
写真のネームタグもこじゃれてますね。
ムーさんとアミちゃんの顔が本当にヘルメットの中にあるみたい。
光がちゃんと反射してますね。
今までも最高の出来栄えではないでしょうか。

アミちゃんの顔を見ていると、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙への旅」のサントラが頭の中に流れて来ました。
ムーさんは初めての任務の頃に比べたら随分大人になりましたネー
彼も成長しているのですね。
今回は特にアミちゃんの写真、素晴しいの一言デス!

こんばんは。
映り込みなど含めて絶妙です。
ということはともかく・・

パオ隊長のイノベーション。なるほど。

最近、アニメだけじゃなく、ドラマもいったい
どんな裏があるのか、真実はどこにあるのか?
いったいなんなのかというストーリーが多いですが、
現実は、それ以上のように最近感じます。
フィクションなら楽しめますが、やはり現実となると
当たり前ですが、楽しめません。
う~ん。うまく言えません。やはりひよっこです(^_^;)

ムー隊員の顔の角度、絶妙ですね。
アミ隊員は太陽を背にしての自分撮り?
凝った設定ですが、どちらも映り込みなど、格段に進歩していると思います。
アミちゃん、パパが撮ったみたいにうまく撮れたね。

paoままさん、こんにちは。
たしかにムーさんは大人のニャンコの顔になりましたね。
宇宙で急成長したかのようです。
出来ばえはあまり変わっていないと思っていますが、
個人の好みによる違いはあるかもしれません。
でもアミちゃんの写真に関しては、セルフポートレートなので彼女の作品ですよ。

tomohiroさん、こんにちは。
タイムトラベルで過去に戻って変えるというような仮説はもはや幼稚な作り話です。
猫は時空の秘密を知っています。
過去や未来という時間は存在せず、今だけがあるのを本能的に覚えているのです。
記憶を書き換えるといっても、嘘で洗脳するのではなく、
隠された事実を明らかにして再認識を促すという正統なものです。
情報公開法の施行に先立って、NASAはダンボール箱700個分のアポロ関係の資料を廃棄しました。
月の石もすべて紛失してしまいました。パオ隊長のイノベーション効果ですね(笑)
火星はまだあまりつっこみを入れる人が少ないようです。
http://familiarsight.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-3a4d.html

iwamotoさん、こんにちは。
段取り七分といいますが、素材の組み合わせを見つけて決めるまでが7割か8割です。
残りが画像処理です。時間はそれほど掛かりません。
だから条件が整えば毎日更新も可能です。現実には難しいですが。
今回はアミちゃんが自分撮りしてくれたのでとても楽でした(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/56179256

この記事へのトラックバック一覧です: The space pao 11:

« 津軽海峡冬景色 その2 | トップページ | 津軽海峡冬景色 その3 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ