« 深窓の令猫 | トップページ | タンポポ戦争 その2 »

安倍恫喝政権

 

安倍官邸とNHKを倒す事になる週刊フライデーのスクープ記事 

http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20140711-00037285/

 
きょう(7月11日)発売の週刊フライデー7月25日号に
 
「安倍官邸がNHKを土下座させた」という見出しの、大スクープ記事が掲載されている。
 
その要旨はおよそ次の通りだ。
 
すなわち7月3日に生放送されたNHKの「クローズアップ現代」に、
 
菅義偉官房長官が出演して集団的自衛権行使容認の閣議決定について宣伝しようとしたところ、
 
国谷裕子(くにやひろこ)キャスターが、「他国の戦争に巻き込まれるのではないか」、
 
「憲法の解釈を変えていいのか」と質問した。
 
それに対して、番組が終わった後で、「誰が中心になってこんな番組をつくったのか」、
 
「誰が国谷にこんな質問をさせたのか」、と安倍官邸が恫喝し、犯人さがしをしたと言うのだ。
 
安倍官邸の恫喝には驚かされるが、もっと驚いたのはNHKの対応である。
 
籾井会長以下、上層部は平身低頭し、国谷キャスターは「すみません」と泣き出したという。
 
こんな恥ずべき恫喝をまだ安倍官邸はNHKに対して行っていたのだ。
 
こんな恥ずべき全面服従を、いまでもNHKは安倍官邸にしていたのだ。
 
このスキャンダルが国会やメディアでまともに追及されれば安倍官邸とNHKは間違いなく窮地に陥るだろう。
 
国民の怒りは安倍政権とNHKに怒涛のように押し寄せるだろう。
 
フライデーのスクープ記事が安倍政権とNHKを直撃するかもしれない。
 
大手メディアがだめでも雑誌が健闘している(了)

 

放送の問題シーン
http://www.youtube.com/watch?v=6vQS6FXx5wI
 
---------------------------------------------------------------------------------------------


安倍官邸の恫喝は今始まったことではない。昨年12月にも、沖縄の仲井間知事に圧力をかけて、
普天間基地の代替施設を作るため辺野古沖を埋め立てることを了承させた。
上京したものの、プレッシャーから体調不良を訴え、都内の病院に入院した仲井真知事にさらに圧力をかけ、
「無事に退院して生きて沖縄に帰りたければ辺野古基地建設に同意しろ」と強い力でねじ伏せ、
辺野古への基地建設を認めさせたのである。


« 深窓の令猫 | トップページ | タンポポ戦争 その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

籾井会長の御威光(御意向)でしょうか。
どのメディアも信用ならないですが。

このくらいでオタオタする政府は怖いです。
選ばれたのだから好きにすれば良いし。
違う意見の人は、選ばないようにするだけ。

iwamotoさん、こんばんは。
ふとしたはずみで、いつも通りの提灯企画とは趣が違ってしまったのでしょう。
官邸サイドはそれだけ焦っている証左ともいえます。
衆参と都知事の不正選挙がバレ始めているのも影響しているかもしれません。
創価学会員から、票の書替え操作の内部告発が複数出てきています。

辺野古の海
テレビでみたら、きれいな海ですよね
残して欲しいなって思ってるひとりです
あそこ以外で
なんとかならない、、、もんでしょうか、、、
それから
米軍のヘリポート?とか
尖閣に作ったらダメなんですかね、、、
ま、、、これは、無理なんでしょうけど (^_^;)(^_^;)

亀三郎さん、こんにちは。
辺野古以外で、というよりも建設そのものを止めてもらわないと困るわけです。
在日米軍は日本を守るためにいるのではなく、
軍事戦略のアジア拠点の一つとして日本を利用しているだけなのです。
米国にとって、中国は日本よりも重要なので、
日本を盾にして尖閣にはかかわり合わないでしょう。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/56757122

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍恫喝政権:

« 深窓の令猫 | トップページ | タンポポ戦争 その2 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ