« プライベートジェット | トップページ | 続・9.11テロの爪痕 »

9.11テロの爪痕

 

2001年に起きた9.11テロで、消防や警察など、WTC救助の初期対応にあたった作業者の多くが癌を発症して亡くなっている。
その数が異常に多いにもかかわらず、報道は極めて少ない。特に日本では皆無に近い。

勿論、正確な人数などは無理だが、おおよその数を時系列で列挙してみると、

2006.7.11  283人が発症し、33人が死亡。
 
2008.3     200人が死亡。
 
2010.4     食道ガンを16人が発症。その他のガンを900人が発症。
 
2010.9.11  973人が死亡。
 
2011.7.28  1000人以上の初期対応者が死亡。
 
2014.7.28  25000人の救助従業者が癌と診断される(去年の2倍)。
 
 

 
癌による死亡者数は累計になるが、今後さらに増えると予想されるのはいうまでもない。
これらは救助従事者だけの人数なので、周辺住民なども含めると大変な数になるだろう。
有名人の例では、ディスコ・クイーンのドナ・サマーもそうだ。

ワールドトレードセンターのツインタワーが爆発炎上した時、ドナ・サマーは、有毒な粉塵が拡散したであろう現場付近のアパートにいた。この事件の後、腫瘍が見つかり、そして早すぎる死をもたらした肺ガンと診断された。

The Sunのルポルタージュによると、ドナ・サマーは、9・11テロの時に有害な粉塵を吸い込んだことが、自分の肺がんの原因であると考えていたという。彼女の肺ガンが、あの粉塵から引き起こされた可能性を医者たちが認めている。

そして、もうひとり、事件当時現場近くにいた人がいた。坂本龍一さんである。
 
『第一報を聞いて、いてもたってもいられなくなり、カメラをひっつかんで通りに出た。
炎上するWTC(世界貿易センター)ビルを茫然(ぼうぜん)と見ていたが、いくら凝視してもその光景は超現実的で信じられなかった。
ダウンタウンの大きな病院の前には、たくさんの医師と看護人が出て、大勢の人々が献血のために集まってきていた。
その時、大音響とともにさっきまで存在していたWTCビルが消滅し、黒煙だけがたなびいていた。あの黒煙の中にはアスベストだけでなく、ダイオキシンを含む多数の有害化学物質が大量に含まれているのではないか、という考えも頭をよぎる。』

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=04eiWG5TOvQJ&p=%E5%9D%82%E6%9C%AC%E9%BE%8D%E4%B8%80+WTC&u=www.sitesakamoto.com%2FWTC911%2F20010922-j.html
 
WTCビルの爆破テロと発癌の関連については次回で考察する。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« プライベートジェット | トップページ | 続・9.11テロの爪痕 »

事故・テロ」カテゴリの記事

コメント

粉塵とガンの関係、9.11のことを考えもしなかったけど、かなりの確率ですね。
中国とか、南アとか鉱山で働く若年労働者の健康被害も深刻だけど、割合としてはどうなのかしらん。

事故でも同様でしょうね。 事件でも、その規模の大きなものが戦争状態だとして、
核兵器は言うに及ばず、わたしたちは化学物質からの汚染の危機にありますね。
地球上の多くの地域で、同じようなことが行なわれ、目先の利益や勝利のために危険が拡散しています。

大神ゼウスは毒を流すために、今までの1時間に50mmの雨量を、100mmに変更したかもしれません。

お話の主旨は、核テロということでしょうか。

sustenaさん、こんばんは。
粉塵を吸い込んでの健康被害は、通常なら気管支炎や塵肺です。
現地ではガンの発生率が突出していることから、放射線を帯びた粉塵による体内被曝が考えられます。
米国地質調査所の粉塵サンプルからは、バリウムとストンチウム、トリウムとウラン、トリチウムなどの核使用を裏づける元素が検出されています。

iwamotoさん、こんばんは。
13年目にしてやっと分かってきた事実もあります。
それでやっと記事を書く事ができました。
核爆弾が使われたのは間違いないです。
でもどんな種類をどのように使ったのかの推定が難しいのです。
アルカイダなどどいう、架空の組織が扱えるような代物ではないですね。

こんばんは
年月が経ってから判明すること、、、って、あるんですね
粉塵、、、
核爆弾の可能性が高いのですね、、、
わたし
よく分かってないですが
いま、アメリカが
イスラム国を、やっきになって潰そうとしてるのも
9.11に関係してるんでしょうね

PS 今回の写真 2枚とも、、、ずっしりと心に残ります。。。

亀三郎さん、こんばんは。
核爆弾の可能性というより、確定ですね。
他の選択肢が完全に消えてしまいました。
広島長崎のような、ウラン型やプルトニウム型の原爆ではないことは確かです。
表向き開発途上とされる純粋水爆なのか、それとも中性子爆弾なのかの特定が難しいのです。
イスラム国=CIA+モサド+MI6です。そしてハマス=イスラエル・モサドです。
戦争というのは自然発生的に起きるのではありません。
黒幕が手下を使って自作自演してでっち上げるものなのです。

おはようございます。
こんな恐ろしいことが起こっていたのですね!
9.11は絶対に普通のテロではない!って思ってはいたのですが
こうやって年月が経って分かった事が公にされると
本当は世界中で起きている事も、意図的に起きている事なのかな?って思いますね。
いろいろ考えちゃいました・・・

むむむ~~~
イスラム国 = アルカイダ
かと思ってますた (^_^;)
お話だと
アメリカ イスラエル イギリスが
黒幕ってことでしょうか、、、
深い・・・

いちごさん、こんばんは。
世界中で起きているテロは、ジグソーパズルのように関連があってつながっています。
犯行グループの元締めをたどっていくと、同じところに行ってしまいます。
全体像を理解すると、個々の事件の意味と繋がりが分かってくるのです。
9.11の首謀者も何年も前から判っています。
でもあまりにも強大な権力を持っているので、誰も太刀打ちできないのです。

亀三郎さん、こんばんは。
国や政府は傀儡であり、ただの操り人形みたいなものです。日本が典型的な例でしょう。
黒幕の元締めを叩かないとダメです。今は自滅してくれるのを待っているところです。
劇団・アルカイダについては、こちらの記事もどうぞ。
http://familiarsight.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9e5c.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/57259427

この記事へのトラックバック一覧です: 9.11テロの爪痕:

« プライベートジェット | トップページ | 続・9.11テロの爪痕 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ