« 続・9.11テロの爪痕 | トップページ | からたち »

代用屋根瓦

 

古い屋根瓦が壊れても、同じ型のものが製造中止でなくなってしまっていると交換ができない。
そこで鉄板を補修材として代用しているのをみつけた。
ここでは屋根全体が古くなって傷んでいるようだったが、いつ取り壊してもいいような古い物置のようなので、これが妥当なのかもしれない。 

 

Photo

 
 

Photo_2

 
 

Photo_3

 
 

Photo_4

 
 

Photo_5

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 続・9.11テロの爪痕 | トップページ | からたち »

スナップ」カテゴリの記事

コメント

縁あって、我が家の屋根を治してくれた父子に、仕事を取って来てしまいました。
うまくいけば今月の工事となります。 わたしの行きつけの美容院です。
双方に良い結果となるよう切に希望します。

iwamotoさん、こんばんは。
あの瓦葺き職人さんは瓦屋根専門でしょうか、それとも屋根工事全般ですか。
こちらでは積雪対策のため、瓦よりも金属板が圧倒的に多いです。
瓦と雪の両方の重みに耐えられる家=豪邸というイメージになります。

屋根屋さんは、専門家ではないです。
お父さんと同輩で、数十年のご近所さん。 サックス吹きです。 ラッパで、子ども4人を育てました。
その三男坊が大工になりました。 我が家を工事したときの傷も癒えてきたということで(笑)次のミッション。
息子さんは親の家の雨漏りを修理するために研究したみたいです。
それで、古い友人である我が家も、やってあげなくっちゃ、ということでした。
美容院はその延長線上です。

そちらの雪は何メートルくらい積もりますか。
寒くて、瓦では保たなくて、石板というのは見たことがあります。 長野県だったかな。

iwamotoさん、どうもです。
大工さんなら大丈夫ですね。きっとうまくいくでしょう。
太平洋側の積雪量は、日本海側と違って少ないので平均1m未満です。
でも今年2月のドカ雪のような例外もたまにあるので、実際は多めにみます。
昨年末に竣工したばかりの公共施設の建屋で、
屋根を積雪85cmで設計したのに対し、120cm降ったら倒壊してしまいました。
温暖化信仰で積雪を少なく見積もる習慣があったのかもしれません。

おはようございます^^
いつも瓦(=屋根)をみて思うのですが
怖くて
いちども登ったことがない私、、、
子供の頃
「瓦職人には、なれないな」と
思った
その直感は、いまのところ当たってます 爆笑


でも
この写真、、、、けっこう高いところから撮影されてます??(^_^;)

亀三郎さん、おはようございます。
これは道路の歩道から撮ったものです。
この建物は道路より低い土地に建っているので、
屋根がちょうど人の高さになるのです。
高いところに登れるのは、素質的なものが必要だと思います。
訓練して身につけるものではないような気がします。
去年、屋根から落っこちた時の後遺症がまだ残っています(笑)

こんにちは。
いろんな種類の瓦があるんですよね。
地域によって瓦の色が違ったり・・・
高速道路を走っていて、周りの景色を見渡すと
県を境に黒い瓦が多くなったり、茶色になったり・・・
そういうのを見ながら走るのも楽しいです。

瓦の代用!ちゃんと形も同じになっていて考えてありますね。
私がまだ小さい頃は、自宅が茅葺屋根で囲炉裏や掘りごたつがありました。
その頃は、子どもながらに瓦の屋根のお家に憧れていました。

いちごさん、こんばんは。
こちらでは積雪対策で瓦屋根は少ないです。
昔の茅葺きからトタンなどに変わってきました。
昔、新幹線で東北から西日本まで行ったことがあります。
関東の静岡あたりを境に、屋根がトタンから瓦にいっせいに変わるのが面白かったです。

こんばんは。
この瓦の具合を拝見した途端に思ったのが
「雨漏りしないの?」
雨漏りしないのでしたら・・・
うまい具合にはせ込んでいるんでしょうね。
(強い風が吹いたら動いちゃいそうです)

paoままさん、こんにちは。
雨漏りはたっぷりしてると思います。諦めているのでしょう。
戦後まもなく、あるいは戦前からあったのではないかと思うような
古い物置小屋なので、少しくらいはどうでもよいのでしょう。
建て替えが面倒なのでそのまま使っている、という印象でした。
それで面白いので写真を撮ったのです。

こんにちは。
一日遅れましたが・・・
お誕生日おめでとうございますribbon
素敵な一年になりますようにhappy01

いちごさん、こんばんは。
ありがとうございます。
猫のジョバンニは今年は忘れてしまったようです(笑)
1年がドレミファソラシの1オクターブなら、新しいドのスタートになります。
新しいことを始めたりするのに最適な時期です。

『業務連絡』
エゾオヤマリンドウ
左サイドバーに登録しました。
情報ありがとうございました(ペコリ)

亀三郎さん、こんばんは。
実は、エゾオヤマリンドウは山形以北から北海道までが生息地ということになっています。
しかし、三本槍岳の某登山パーティの報告に発見したとあったのでそれを採用しました。
栃木北部はボーダーゾーンであるということと、高い標高を考慮した暫定的な結論です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/57372201

この記事へのトラックバック一覧です: 代用屋根瓦:

« 続・9.11テロの爪痕 | トップページ | からたち »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ