« 稲刈りアート2014 | トップページ | 広島みやげ »

秋鮭(アキアジ)

 
 

鮭を放流している川では、遡上が大詰めを迎えている。
鮭は牛肉や豚肉と比べ低カロリー低脂肪である。
良質な蛋白質・ビタミンA、Dなどが豊富で、DHAも多く含まれている。
特に秋鮭の蛋白質は消化・吸収がよく、子供や高齢者にも最適だという。

川を登ってきた遡上サケは、脂肪分が若干少ないことから、人工孵化のためだけに捕獲することが多い。
本格的な鮭漁は、海の定置網によるものである。

 

1

 
 

2

 
 

3

 
 

4

 
 

5

 
 

6

 
 

7

 
 

8

 
 

9

 
 

10

 
 

11

 
 

12

 
 

13

 
 

14

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 稲刈りアート2014 | トップページ | 広島みやげ »

風景」カテゴリの記事

コメント

悠々と泳いでますね。
チャカチャカしてない感じ。
秋鮭と書いてアキアジというのですか?アキザケと言わずに?
なんか不思議です。
私はお刺身をあまり食べませんが、鮭のお刺身だけは食べます。
ちょびっと炙りのしてあるのなんか最高!
今お腹が空いているので、食べ物コメントにしかなりませなんだ。
お許しアレ!

今の季節の収穫でない「時知らず」は脂が多くて美味いと言いますね。
秋の鮭は「秋味」、秋に獲れるもののことでしょうか。
産卵に来た鮭は、その身はそれほど美味しくはないのであれば、何故、秋味と言うのか。
これって、敬称ですよね、けっして蔑称ではないと思うのです。
卵が取れるからそのように呼ぶのですか。
秋鯵も捨て難いものです。

paoままさん、こんばんは。
東北・北海道で秋から冬に漁れるシロザケのことをアキアジと呼びます。
アイヌ語の「アキアチップ(秋の魚)」が転じたもので、主に北海道で使う呼び名です。
鮭の刺身も寿司もあっさりしていて食べやすいですね。
個人的には、切り身を焼いたのがいちばん好きです。

iwamotoさん、こんばんは。
アキアジがアイヌ語由来であることは上に書きました。
秋の味覚だからという意味も含まれています。
秋鮭の醍醐味はイクラにあります。
時鮭の筋子と違って、熟成した旨さがあります。
身はついでに食べるようなものですね。

鮭がここまで寄ってきちゃうと、可愛くて、これを獲って食べることが憚られますね。
こちらを見ているようです(笑)

iwamotoさん、どうもです。
近づいただけですぐ逃げられます。
彼らは人の気配にかなり敏感です。
これらの写真は望遠で引っ張ったものです。
もちろん、できるだけ近寄りました。
そうしないと水面の反射が酷くて水中が見えなくなりました。

関係ないですが、先日NHKで生まれた川で一生を過ごすものが 「ヤマメ」となり、川から海に出て大きくなって、再び川に戻ってくるものが「サクラマス」 とやっていて、知らなかったのでビックリしてしまいました。あんなに大きさが違うのに・・・・。

sustenaさん、こんばんは。
大きさの違いは、川と海での餌の違いでしょうね。
どちらも動物性のエサを食べるのは同じでも、海の方が高栄養です。
サケの川への回帰率は平均1%程度なので、彼らは貴重な存在です。

こんばんは
体が白くなった鮭見ると
ちょっと、痛々しい感じがします
メス
産卵すると命尽きてしまうんですよね
前に
栃木県内の那珂川に紅葉見物に行ったとき
その死骸からの臭気で
すごく臭かった記憶があります (^_^;)(^_^;)
それはそれとして
この写真の川
透明度があってきれい
こうゆう場所に、写真を撮りに行くの
いいですよね!

亀三郎さん、こんにちは。
生まれたところに帰ってきて死んでいくので、
お帰りなさい、ご苦労さん。という気持ちになります。
川の水の透明感を出すには、とにかく水面に近づくしかないです。
離れてしまうと、順光でも逆光でも反射が多くなります。
小さな川って、あまり汚れてないのできれいなんです。

こんにちは。
自分の生まれた所に帰ってくるなんて・・・
ほんとご苦労さまって言ってあげたくなるし
可愛くて愛おしくなっちゃいますね。
傷だらけで頑張って帰ってきてくれて・・・
水の匂いで分かるのかしらね!

いちごさん、こんばんは。
サケの仲間では、川に残るタイプもあって、体が小さくなります。
ヤマメやヒメマスがそうです。
海に出るのは、豊富なエサを食べて体を大きくするためです。
人に例えると、地元で働いてそこそこの収入を得るか、
遠い都会や外国へ行って高い収入を得るか、というのに似ていますね。
どうやって生まれた川が分かるのかはまだ謎ですが、
渡り鳥はGPSに匹敵するナビゲーションシステムを持っていることが分かっているので、
それと同じ原理を使っているのではないかと考えています。

鮭もおいしそうだけど、それ以上に水がきれいですねえ。
都内の下水路みたいな川の水とは分子構造からして違いそうです。lolol

Cakeaterさん、こんにちは。
ここは河口から10mほどの所です。地名もそのまま「川尻」。
この川は、河口から源流の湧き水までが、わずか十数キロしかないので、
水がほとんど汚れないまま海に注がれます。
小さくて水量が少ないのも汚れにくい理由の一つです。

お久しぶりです、すっかり寒くなりましたね。

今日はお願いがあって書き込みをさせて頂いております。

27年の年賀状にLさんのお作りになった宙猫パオの画像を使わせて貰いたいなーと思っております。
一番最初の[For sale]のか、地球に帰って来てヘルメットを脱いで会見しているところのか、左手を上げて挨拶している様子のいずれかを使いたいな~。

良いでしょうか?
駄目と言われても、もう使う気マンマンなんですけどね(笑)

paoままさん、こんばんは。
宙猫の画像は著作権フリーですよ。ご自由にどうぞ。
パオちゃんにはモデル料代わりに差し上げます。
彼らには火星にも行ってもらいたかったのですが、
バンアレン帯を越えるリスクを負わせるわけにはいかないので、
周回軌道から外へはまだ無理です。
猫たちに犬死にされては困りますから(笑)
今、忙しくて2ヶ月くらい休んでません。
3連休でも1日もなしです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/57897708

この記事へのトラックバック一覧です: 秋鮭(アキアジ):

« 稲刈りアート2014 | トップページ | 広島みやげ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ