« 秋鮭(アキアジ) | トップページ | 砂の上の足跡 »

広島みやげ

 
 

広島県尾道市に、因島(いんのしま)という島がある。
ここは柑橘類の八朔(はっさく)の発祥地として知られている。
はっさくの果肉をゼリーの中に入れたスイーツが、「因島のはっさくゼリー」として商品化されている。
素材独特のほろ苦さを生かすため甘さは控えているようで、なかなか美味しい。
昔、隣に住んでいた娘さんが、今はこの島で暮らしていて、里帰りの時に持ってきて頂いた。

 

Photo

 
 

Photo_2

 
 

Photo_3

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 秋鮭(アキアジ) | トップページ | 砂の上の足跡 »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

有名なお菓子です。
因島といえば、東ちづるさん、でしょうか。
ポルノグラフィティもですね。
隣りの娘さんは、瀬戸へ花嫁ですか?

おはようございます。
わぁ~!!大好きなゼリー!!
我が家は全員、はっさくゼリーが大好きです♪

因島へ嫁がれたのですね。
今、私の頭の中は♪瀬戸の花嫁♪の歌が流れてます♪

iwamotoさん、こんばんは。
有名でも縁がないと知らないままですね。
お察しの通り、瀬戸の花嫁です。
倉敷までは行ったことがあるので、そこよりもう少し先かな、
というイメージを持っています。

いちごさん、こんばんは。
確かに嫁いで行ったのですが、だいぶ前のことです。
いちごさんより年上ですから。地元にいる妹さんは同じくらいです。
あのゼリーはくせになりそうな味ですかね。

おはようございます

因島のお土産ですか、こちらで因島のはっさくゼリーの記事を拝見するとは(笑)
因島までとは随分遠くへ嫁いで行かれたのですね。

随分昔に因島に泊りがけで行った事が有りました。
PTAの会合だったのですが、会場には因島の物産がズラリと並んでいましたっけ。
県北から参加した人は全員(私も含めて)「万田酵素」を買いましたよん。

万田酵素は今でも農作に使っています。
作物の出来が良くなると、ばあ様には好評です。

paoままさん、こんにちは。
彼女は妹と同年でした。そして妹は近くの岡山市にいます。
万田酵素って、健康食品の方じゃなくて農業用資材のほうですね。
名前は知っていますが農業ではないので詳しくないです。
 
paoちゃんから追加報告がありました。
芸州藩は、十四代将軍徳川家茂が死去するまでは佐幕派でした。
その後、薩長の圧力に押されてやむなく苦渋の決断で討幕派に加わりました。
こうような背景から、方言は山陽道を通じて伝わるのみだったので、
「しよる」「しちょる」の文法的使い分けまでは、心情的にも受け入れにくいものがあり、
表面的な音だけが部分的に伝わったのでしょう。

おはようございます^^
ハッサク大好きです!
実を言うと、父が大好きで
時期になると
母が、せっせと剥いて
父に出してました。今となると、、、「思い出」ですけど。
あとは
イヨカンとか、、、
なぜか、甘夏は、あまり出ませんでした。
手が、びしょびしょになるから???

それから
因島のハッサクゼリーの
パッケージのお顔、、、なかなか印象的ですね~~~
ちょっと
梨のイメージも沸いてきちゃうけど(個人的に)笑

亀三郎さん、こんばんは。
はっさくの食感をそのままゼリーで封印しているので、
好きな人にとっては季節を問わず食べられるのでいいでしょう。
黄色い顔のキャラクターは、「はっさくBOY」くんです。
キャラクターシールのおまけがついてきます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/58157785

この記事へのトラックバック一覧です: 広島みやげ:

« 秋鮭(アキアジ) | トップページ | 砂の上の足跡 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ