« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

発熱性の風邪とガンとの関係についてのまとめ

 

あるブログのコメント欄で、「体内にガンを持っている人は高熱を出さない」と書いてあるのを読んだ。
でもこれは結果論であって、正確には、「(風邪などで)高熱を出す機会が少ない人はガンに対する免疫力が弱い」ということだろう。

免疫学では、「体温が1度上昇すれば免疫活性は3倍以上になる」といわれており、この熱の作用で、
白血球の働きが非常に活発になることによって、ウイルスやガン細胞などを殺しているのである。 

がん細胞が増殖するのは35℃台であり、
がん細胞が死滅するのは39℃台といわれている。
 
このため、低体温の人や、高熱を出したことがない人はがん細胞の温床になりやすいということになる。
 
つまり、年一度くらい風邪やインフルエンザで39℃の熱を出しておくと、身体の中にたまったものをきれいに洗い流してくれる効果もある。身体の中には免疫細胞というものがあり、免疫T細胞、好中球、マクロファージ、インターフェロンなど身体の必要に応じて活躍することになる。
これらの免疫細胞の中には高熱を出さないと稼動しないものがある。年に一度高熱を出すという作業は、この免疫細胞の試運転という意味も果たしている。
 
近年、多くの場合解熱剤で熱をすぐに下げてしまうと、高熱が出る機会がなくなってしまう。
長い間試運転をしないでいるといざという時、免疫がうまく働かずに大きな病気になってしまうこととなる。
実際、人に尋ねてみると39℃の熱を大人になって何年も出したことがないという人も多いようだ。
がん細胞も熱に弱いので、熱を出す人はがんになりにくいとも言われる所以である。
 
このように免疫のシステムを鍛える意味でも時々風邪を引くのは意味のあることなのである。しかも、免疫力が高ければ風邪も長引くことなくさっと経過していく。
「カゼ」というのは、実は体の異常があったときの「調整作用」として働いているものだったのである。
 
だから、風邪の引き始めにいきなり解熱剤を使うと、白血球の働きが抑えられてしまうので、かえってカゼが長びくということになってしまう。
運の良い人は、まだガンが直径0.5mmから2mmまでの小さいときに、たまたまカゼでも引いて、38℃から40℃近くまで熱を発して、まさにその時、白血球の猛烈な活性によって、カゼのウイルスを食べるのと同時にガン因子をも食べているということが体の中で起こっている、といえるわけだ。
 
実は、医療の現場では、抗がん剤、放射線治療をしても全く効かなかったガンが、
肺炎などを併発し高熱を発してうなった後、なぜか、ガンが消えていたという報告が1万件以上あるのだ。
これが、人間が持っている自浄作用(自然治癒力)なのであり、逆に、カゼを引いても熱が起こらないというタイプの人たちは、
残念ながらガンになりやすい、免疫の働きが弱い人と考えられるので気をつけるべきである。
 
癌の転移が起きると、ナチュラルキラー(NK)細胞を活性化させるために身体を発熱させる。
しかし、残念ながら、今の日本人には、その力が極端に弱まって、発熱させる力が弱くなってきたのである。
それは、「飽食」と「運動不足」そして「冷たい物中毒」になっているからである。
この3つが複合して、ヒトの体を「低体温」にしてしまったのだ。
 
癌患者のほとんどの方が「低体温」である。
食べ過ぎは不完全燃焼の元になり、運動不足は体熱発生を抑制し、体熱は低温傾向になる。一番怖いのは、冷たい物の取りすぎである。
腸を冷やすと、腸のみならず、全身の細胞のエネルギー発生を長期間にわたって抑えてしまうからである。これは、冷蔵庫文化にドップリ浸かったのが最大原因なのだ。
 
 

参考になるブログ

 
ブラックジャックの孫  間 黒助 の ガン治療研究ブログ


ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤

 
 

厳冬サーフィン

 
 

町の海水浴場では、冬場でもサーファーたちがやって来る。
もちろん週末だが、気温がマイナスの日だと若干少なくなる程度だろうか。
雪に覆われた砂浜でのサーフィンは、冬の風物詩の1つとして定着しつつある。

 
最初は、寒さを気合いや根性で克服しているのかと疑問を感じたものだが、
近頃は、冬用のドライスーツというのがあって、スーツの中に水が入らないそうだ。
普通の服を着た上に着ることもできるので、寒さはそれほどでもないようだ。
むしろ寒さを感じるのは、陸の上で動かないで見ている方かもしれない。
 
  

1_3

 
 

3_2

 
 

4_2

 
 

5_2

 
 

7_2

 
 

8_2

 
 

9_2

 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

回る猫

 
 
下の回転する絵が、どちら向きに回っているように見えるだろうか。
時計回りに見えたり、半時計回りに見えたりするし、途中で反対向きに変わることもある。
 
これは、シルエット錯視と呼ばれる錯覚技法を用いて作られたGIF画像である。
この現象は、この錯視に奥行きの視覚的手がかりが存在しないことや、
前向き後ろ向きの情報がないことにより生まれている。
 
最初はどちらか一方向にしか見えないことが多いが、慣れると途中で変えられるようになってくる。
いったん目をそらしてもう一度見ると変わりやすい。
さらに上達(?)すると、2つの絵を個別に回転方向を決めることもできる。

見える回転方向によって、右脳派、左脳派に分けられるという話も見受けられるが、
どうやら根拠のない都市伝説だったようだ。
 
 

 

Cat_3
 
Cat_4
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ