« 東京展望Ⅰ | トップページ | 東京展望Ⅲ »

東京展望Ⅱ

朝、東京タワーの時は曇っていたが、昼が近づくにつれて青空が見え始めてきた。
スカイツリーに着いた頃には結構いい天気になった。
これなら眺めもいいだろうと思っていたら、意外に人が少ない。
入口で待つ人は誰もいないような感じだった。
整理券を渡しているので、どうやら混雑を避けるための入場制限があるらしい。
整理券に記載されている時間帯に入口に集合してならんで待つと、入場券が買えることになっていた。
だから、その時間にならないと誰も来ないというわけである。
なお、基本的に展望台での滞在時間に制限はないようだった。

 

0

 
 

1

 
 

A
 
 
チケットを買うと今度はエレベーター待ちの列に並ぶ。
その通路の天井。
  
 
B
 
 
エレベーターは4台あり、それぞれ四季をイメージしたデザインが施されているという。
登る時に乗ったのは春を表すサクラの花だった。
  

C
 
 
 
ちなみに、帰りは「秋」のイメージだった。
  
 
F
 
 
ソラマチに着たのが13時頃で、整理券に書かれている時間が15:00~15:30だった。
それからさらに約1時間待ちで展望台に到着した。
日が暮れて夕景から夜景に変わろうとしている頃だった。
 

E

16
 
 
 
液晶ビジョンで写真を説明するビューパネルもあったが、
実物の景色のほうがずっといいのであまり関心はなかった。
  
 
17
 
 
前置きが長くなってしまったので、光景は次回に続く。 
 

 

 

 

 

 
 
 
 


 
 
 


« 東京展望Ⅰ | トップページ | 東京展望Ⅲ »

風景」カテゴリの記事

コメント

このようになってるわけですか。 ふむふむ。
高速エレベータの乗り心地は如何でしょう、楽しめましたか。
他のお客さんもいらっしゃいますが、窓際には順番に行けるのですか。
午後イチで来て、展望台に辿り着くと、もう日暮れを過ぎるとは・・・。

Lucianさん、こんばんは。
晴れてよかったですね。
私は2度行きましたが、一度目はかなりの雨で、2度目は雨が上がりきらないというお天気でした。
普通はツリーの中から外を撮ろうとするものですが、中を写した7枚目と8枚目が幻想的で素晴らしいですね。
現実とは思えないくらい綺麗です。
失礼ながら、カメラは何をお持ちになったのでしょうか。
こういう写真を撮ってみたいなあと思いました。
通路の天井の写真も同様ですが、私は目が行かなかったようで、記憶にありません・・・。

iwamotoさん、こんばんは。
高速エレベーターといっても、Gをほとんど感じない運行でした。
加速の仕方が進歩しているのでしょうか。でもエレベーターには特に感慨はないです。
窓際の立ち位置には順番はなく、お互いの譲り合いです。
同じ所にずっといる人はいないので、その流動性でうまくいくように入場者数が制限されているようです。
チケットはネットで予約できるそうなので、計画的に来ればスムーズに登れると思います。
混雑を避けたい人には朝イチがオススメです。


esikoさん、こんばんは。
夜景だと天気はあまり関係なかったかもしれませんね。
明るいうちに見ようと思って来たのですが、成り行きでこうなりました。
中も写しておかないと、後でどうなっていたか思い出せなくなると思いました。
7枚目は、SONY DSC-HX30V
8枚目は、SONY DSC-RX100Ⅱ でした。
やはり、暗所撮影は撮像素子が小さいとノイズが多くなります。
この2枚でその差は歴然ですね。
だからこのあとの夜景はノイズが少ない方を使いました。

すんごいクッキリ!
「スカイツリーじゃでー!」
って言ってます。 (広島弁じゃあ言わんのでしょうが)
網目の一つ一つまでクッキリ。

絶対にこんな風に女性は撮らんとって下さいね。
二度と誰も被写体になってくれんくなる事請け合いです。

>13時頃で~・・・・・それからさらに約1時間待ちで
そんなに待たなアカンのですか(-_-;)
絶対に並ぶの大嫌いなウチのパパさんとは行けない気がする。
よっぽど美味しいエサが無いと無理かも・・・


paoままさん、こんばんは。
次回の写真では、スカイツリーを女性として美しく撮っていますのでお楽しみに。
入場に時間がかかったのは、何も知らずに行ったためでした。
混まない時間帯をネットで予約して行けばもっとスムーズに入れると思います。
あるいは、わざと待ち時間を持たせて、ソラマチの店に足を運ばせようとする戦略かもしれません。
ツリーの入口の隣が水族館になっているのも同じ理由かもしれません。

私はスカイツリーの下には一度だけ行ったことがありますが、3階以上へは上ったことがありません。
高いところでいうと、六本木ヒルズの展望フロアでぼーっとしてるのが好きです。

SONY DSC-RX100Ⅱでしたか。
噂どおりの写りですね。
そのカメラをLucianさんが使うとこうなるのですね。

sustenaさん、こんばんは。
東京に来て1日だけとなると、ここに行っておこうということになりました。
六本木ヒルズも東京タワーも見下ろしているのが実感できます。
点と線を歩く時間がないので、面にしたわけです。

esikoさん、こんばんは。
これは星空撮影にも向いているようなので、機会をみてトライしようと思っています。
こちらの天文台も、根室山の天文台に匹敵するほど星空が綺麗だそうです。
夜景は練習にもなりそうです。

こんばんは
やはり未だ混んでるのですね
あたしは並んだり待ったりするのがいやで
まだスカイツリーには行ってません
なので、光景楽しみにしてますよ^^

こんにちは。
展望台はこんなふうになっているんですね。
ライトアップされてて幻想的できれいですね。
ここからの夜景は最高に綺麗でしょうね。
いいなぁ~!今度は展望台に行ってみたいなぁ~

yutaさん、こんばんは。
たまたま週末の夕方だったので混んでいたのだと思います。
平日の朝イチなら人影がまばらなこともあるようです。
写真を撮るには空いていたほうがうれしいです。

いちごさん、こんばんは。
展望台の内部照明は、窓ガラスに反射しないように角度が工夫されているようでした。
楽しみはできるだけとっておいたほうがいいと思います。
展望台は350mですが、450mには天望回廊もあります。
こちらは昼のほうがいいので次回の楽しみにとっておきました。

お、Lucian さんもRX2を使ってるんだ。キャノンの一眼を持ってるから、マクロがメチャ弱いのは問題なくなるから、うらやましいです。
僕の場合、最初の2ヶ月はいろいろいじりましたけど、今はほとんど、RX2のオート(緑のマーク)のところで撮ってます。倍率3.6のところが光学レンズでの最遠端ですので、「確認識別用スコープ」で撮って、後は拡大、ブログ用には切り出して使ってます。JPEGを見られるようにしてるので、撮影データはブログ上でも見られます。(あんまり参考にはならないかなlol)
それにしても、東京タワーもこの巨大耳かき(荻窪辺りから見るとそう見えます)タワーもちっとも上る機会がありませんネエ。周囲で登ったという人も誰もいない。出稼ぎに来ている作業員さんたちはけっこう登って、いろいろ話だけ聞かされて、へえ、すごいですねえ。LOL
そんなもんで、へえ、こう見えるんだと感嘆してしまいました。

Cakeaterさん、こんばんは。
RX2は主に暗所用の秘密兵器として使い分けようとゲットしました。
特に夜景の描写性能は秀逸で、中級一眼レベルかもしれません。
見た目の印象をほぼ再現できたと思います。
私も殆ど緑マークを常用しています。
タワーが、独語以外は女性名詞なのは理由が分かりません。
尖っていても、ドレスアップ(塗装)やライトアップなどの化粧をするからだろうと仮定しています。

かの有名なネクタイ・ブラジャー理論を適用しますと、塔を見上げるのはもっぱら女性であるからということになりますか。lol
フランス語と付き合って五十年、自転車がビシクレットのときは女性、ヴェロの時は男性というのは、語末スペルが、e と o の違いを反映してると理解できるんですが、このツールだけは、つい、ル・ツール デフェルとやっちゃう記憶の初期故障が直りません。
学生のころ、へえ、あれ(le tour d'Eiffel)で何を作るんだい?と仲間にからかわれたことがあって、その彼によれば、塔のtour と旋盤のtour を区別するために、女と男に分けたんだ(お前は神かいlol)そうです。エッフル塔一周はla tour de la tour d'Eiffel .けっこう発音が難しいです。lolol.

Cakeaterさん、こんばんは。
なるほど。各言語を使う民族やお国柄によって性別の逆転もあるので、
法則性があるようでないような…。
理屈で考えてもわけが分からなくなりそうです。

ブランドコピーブランド腕時計N級品
ブレゲコピー時計のブランドコピーブランド腕時計N級品 通販、精巧に作られたのコピー腕時計。
ブランドブレゲコピー時計N級品をご 購入方は、こちらへ,品質保証!
偽物時計は本物ともっとも似 ている最高品質の素材を使用し.
ブランドコピー http://www.bagssjp.com/rolex_watch.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/59573725

この記事へのトラックバック一覧です: 東京展望Ⅱ:

« 東京展望Ⅰ | トップページ | 東京展望Ⅲ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ