« 納涼・水風船割りⅠ | トップページ | 綿毛ドーム »

納涼・水風船割りⅡ

 
 

それでは、空中落下編の続きを。
まずは風船と同じ高さの目線で見てみる。 

 
 
 
 
 

最後は、究極の目線ともいえる真下から眺めてみる。
罰ゲームで使うと面白いかもしれない。
始めに低い位置から。 

 
 
 
 

次はやや高いところから。
高い方が落ちてくる様子がよくわかる。 

 

 
 

 
 

 
 

 
 

« 納涼・水風船割りⅠ | トップページ | 綿毛ドーム »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

防水カメラ、欲しいなぁ。
ムービースイッチを入れて、セット、そして一撃でしょうか。
それにしても、風船が割れる速度にはビックリです。

iwamotoさん、こんにちは。
これは防水カメラでなくても撮れます。
さすがに、直接カメラに水を直撃するのは不安なので、防水パックに入れています。
100円ショップでiPhone6用を手に入れました。大きいのでコンデジは楽に入ります。
カメラの防水機能は万が一の保険のようなものです。
風船が完全に割れるスピードは、2万分の1秒くらいだと思います。
こちらは別次元の世界です。

私も 防水カメラのこと、聞こうと思ったのですが
100円均一で、防水パックでしたか
その手があったか、、、
わたしも、買っておこうかな
山で雨のとき コンデジ + 防水パックで
しのげますよね^^v
それはそうと
スロー
迫力です
売れる動画になってるのでは??
なんて、、、
え、、もうすでに アクセス多くて
かなり稼いでる??
さ、、さすが、、、Lucianさん (^_^;)(^_^;)

亀三郎さん、こんばんは。
正確には、防水・防塵・耐寒・耐衝撃カメラです。
これを本当に必要とする人は、冬山登山をする人とか、
探検家並みのアウトドア派でしょうか。
ちょっとした防水なら、パックで間に合います。
それで物足りなくなったら考えればいいと思います。
この記事にアクセスする人は、片手の指に余るか余らないかという程度です。
Google検索でトップに表示されるような記事を書くと、5年、10年という単位で毎日アクセスがあります。
でもそれは検索した人だけにヒットするので、人気記事とは違って限られた数字になります。

こんにちは
水しぶきが迫力ありますね
蒸し暑いので涼しくなりましたよ^^

yutaさん、こんにちは。
こちらは昨日、やっと梅雨入りしてから雨続きで15℃まで下がりました。
少し寒いくらいです。納涼効果ありすぎです。

Lucianさん、こんばんは。
まさに納涼!ですね。
納涼効果抜群の動画です。
今日はたまたま涼しいので、寒いくらいです。
暑い日に、また見せてもらいます。

esikoさん、こんばんは。
この動画をアップしたら梅雨入りして気温が下がりました。
これも納涼効果でしょうか。
上を向いて水をかぶるのを見る機会は滅多にないと思うので、
猛暑の時は楽しんで下さい。

こんにちは。
わぁ~!すごい~!!
こんなふうに割れるんですね
この映像!すごく涼しく感じます
まさに「納涼」ですね♪
たのしい~♪

いちごさん、こんばんは。
これを撮影しているときも涼しく感じました。
だから見てくださる人にもお裾分けします。
水の動きはゆっくりですが、風船の割れるスピードはものすごく速かったです。
これを止めてみるには、10万分の1秒単位で撮影できるカメラが必要みたいです。

業務連絡
シャク
左サイドバーに登録しました
情報ありがとうございました。

PS 小山は、朝から雨・・・
   梅雨!!って感じが
   むれむれで 出ております (^_^;)

亀三郎さん、こんにちは。
こちらも朝から小雨ですが、むれむれというより
涼しすぎる感じがします。
夜は暖房を入れたりします。信じられないでしょ?

うむ、T5を洗濯してなきゃ今日の豪雨を空を向いて撮れたのに。仕方ないので、雨雲に隠れて見えない東京タワーなんてしょうもないものをRX100m2で撮ってしまいました。
(当人だけに意味のある業務日誌写真ていうやつで)lolol
100円ショップといえば、電子レンジで暖め用のシリコン蓋を買いました。満杯にしたマグカップを蓋のツマミを持って持ち上げられるので、ひょっとしてと、梅干壷に着けてみたら、やはり楽に持ち上がる。なかなかのあまり役に立たないけれど優れものです。lol

Cakeaterさん、こんばんは。
雨足や雨粒を空を向いて写すのは難しいです。
空の明るさの中に溶け込んでしまうからです。
黒い壁を背景にするとか、サイドから照明を当てるなど工夫する必要があるので、
その場の思いつきでは間に合いませんね。
夜ならストロボ一発で決まるかもしれませんが。
RX100m2は、星野写真の適性が優れているようなので、いずれトライしてみたいです。
夜景の延長線上なら簡単そうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/60393447

この記事へのトラックバック一覧です: 納涼・水風船割りⅡ:

« 納涼・水風船割りⅠ | トップページ | 綿毛ドーム »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ