« コブシの実 | トップページ | スーパームーン »

赤とんぼと仲間たち(追記あり)

 
 

赤とんぼは分類上、トンボ科アカトンボ(アカネ)属に属するトンボのことを指し、
日本では21種類いるという。
この中には赤くないものも含まれ、赤いのに含まれないトンボもある。

ひとつの場所に何種類いるか調べてみた。
いちばん代表的なのが、このアキアカネだろう。
個体数も圧倒的に多いように思える。
下はアキアカネの♀。2枚目は未成熟の♀で赤い色がまだ薄い。
 
 
Photo
 
 
 
 
Photo

 

これはナツアカネの若い♂。
これから赤くなってゆくのだろう。
 

Photo_2

 

これらはナツアカネの成熟した♂。
尻尾の先から頭まで赤くて、翅の模様がアキアカネと同じだ。
 

Photo_3

 
 

Dscn0025

 

これがナツアカネの成熟した♀。
アキアカネの♀とよく似ていて、すぐには見分けがつかない。
 

Photo_4
 
 
 
Photo_2
 
 
 
ナツアカネのペア。
こうして見ると違いがよくわかる。
 
 
Dscn0087

 

こちらはミヤマアカネの♂。
翅の先から少し内側の太い帯模様が特徴である。
これは♂だけが赤くなる。
 

Photo_5
 
 
 
こちらがミヤマアカネの♀。
 
 
Miyama
 
 
 
そして最後が、コノシメトンボ。
翅の先に半月形の模様があって、全身が赤い。
これと同じ翅の模様で、尻尾だけ赤いのが「ノシメトンボ」だが、ここにはいなかったようだ。
esikoさんのブログには登場していたので、県南にはいるらしい。 
 
 

Dscn0110  
 
 
 
Dscn0115
 
 
 
追記:
後日、ノシメトンボのペアを発見した。少数だが棲息しているようだ。
  
 
Photo_3
 
 
 
赤とんぼの締めは、マイコアカネの♀。
今回初めて見る種類だった。
  
 
Photo_4
 
 
 
おまけは、オオルリボシヤンマの♂。
♂は止まらないでひたすら飛び続けるので撮影は大変だ。
ヤンマ類は、オニヤンマとギンヤンマが有名だが、
他にもいくつか種類がある。
 
  
Photo_9
 
 
産卵中のオオルリボシヤンマの♀。
止まってくれるのでありがたい。
  

Photo_11
 
 
 
クロイトトンボ。1匹だけの友情出演だった。
 
  
Photo_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

« コブシの実 | トップページ | スーパームーン »

自然」カテゴリの記事

コメント

あした紹介するトンボは、アキアカネと思っているのですが、
目が赤くなくても良いのでしょうか。

睡蓮も撮りましたので、もうじき紹介です。

iwamotoさん、おはようございます。
目は茶色ですが、複眼なので乱反射で色が変化します。
明るい太陽光を反射すると赤っぽくみえることがあります。

こんにちは
最近こちらではとんぼを見ることがないです
むかしよくみた赤とんぼはアキアカネでしょうか
子供の頃はオニヤンマやギンヤンマを追いかけてました

yutaさん、こんばんは。
東京で普通に見かけるトンボはアキアカネだと思います。
先入観なしに調べてみると色んな種類がいることがわかりました。

こんばんは
それぞれの個体のアップ
違いがわかって 面白いですね^^v
と言ってても、
実際に見ると、、、
ん、、、これは アキアカネ?か、、なんて
なってしまう亀三郎。
うちのベランダのてすりにも
最近よくトンボが来るので
こんど撮ってみようと思います!!
赤とんぼ系じゃないかもですが (^_^;)(^_^;)

亀三郎さん、こんにちは。
ぱっと一目見て違いが判るには、かなりの場数を踏む必要がありそうですね。
とりあえずの写真判定でごまかしています。
それがブログの楽しみでもありますが。

こんばんは。
アキアカネが茶色い・・・と、トンチンカンなことを拙ブログに書き、恥の上塗りをしてしまったようです。
が、もうこの歳になると羞恥心も無くなっていますので、「またやったか」といういつもの自己完結です。
せっかくいつも教えてくださってるのにすみません。

で、さすがのトンボ図鑑ですね。
ひとつひとつこうやって見せていただくと違いがわかるような気がします。
明日もお天気が良いようなので、明日はひとつトンボを追いかけて撮影してみようと思います。
何種類撮れるか楽しみですが、でも鳥と同じでトンボも私が近づくと逃げるんですよね。

トンボたち、仮面ライダーに似てますね。

esikoさん、こんばんは。
3種類とか4種類以上になってくると、編集している途中でも錯覚して混乱することがあります。
記憶するのじゃなくて備忘録として残しておけば、図鑑代わりになるかもしれないと思いました。
 
トンボの複眼は3万個なので、3万画素のカメラみたいですね。
人の目は100万画素程度だそうです。
脳の画像エンジンで補正してクリアに見えているのかもしれません。
 
仮面ライダーは最初のころしか知りませんが、1,2号のモデルはバッタで、V3だけがトンボだそうです。

こんにちは。
午前中に、張り切ってトンボを探しましたが
いつもたくさん飛んでいるトンボが、今日はなぜか殆ど見えません。
何か気象条件でもあるのでしょうか・・・。

こんにちは。
最近、ほんとトンボを見かけません!
こうやってアップで見ることがないので、すごく勉強になりますね。

子どもの頃、トンボを見つけて指でクルクルしながら近づいて行くと
捕まえるのがとっても簡単だったような・・・
ほんとに目が回ってたのかしら?(*^_^*)

esikoさん、こんにちは。
縄張りが広いので、その範囲内で移動しているのだと思います。
産卵場所を多くしてリスクを分散しているのかもしれません。
一度山から降りてくると、もう戻ることはないです。

いちごさん、こんにちは。
トンボは水のあるところにいるので、田んぼの水がなくなったりするといなくなるのかもしれません。
小川や池のそばなどには確実にいるようです。
調べてみるまでどれだけの種類がいるのか分かりませんでした。
 
トンボは虫を食べるので、動くものに反応するのでしょう。
指をクルクルまわすと餌かもしれないと注目するのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208860/61739430

この記事へのトラックバック一覧です: 赤とんぼと仲間たち(追記あり):

« コブシの実 | トップページ | スーパームーン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ